Answer 47 

一足先にメイプルホテルに到着していた司は、雪乃と山本から報告を受けつつ、テレビのモニターを眺めていた。
画面にはちょうど報道陣に囲まれて会社に入ることができないつくしが総二郎の車に乗って走り去る場面まで映し出されていた。

司はその光景をジッと見つめ、無意識に拳を握りしめていた。

「この非常事態に男と登場かよ…」

総二郎とは2年前からほぼ絶縁状態になっている。類やあきらと頻繁に連絡を取り合っているわけでもないが、総二郎に関しては意図的に連絡を避けていた。
司はテレビを消すとソファにドカリと座り、数枚のコピーに目を通す。
明日発売になる週刊誌のゲラだったが、ここまで騒ぎが広がってしまえば差し止めをする意味もない。
楓の病気と入院が外部に漏れてしまっていたのだ。
そしてその事実を確認するために集まった報道陣が東京法人を取り囲む事態となる。

楓の入院は実子である椿や司にまで極秘にされたトップシークレットである。この事実を知る会社側の人間は西田とタマ、そしてつくししかいない。

司は身動きの取れる関係者をできるだけメイプルホテルに集める指示を出した。

「副社長、今回の騒ぎで株価のほうが…」

雪乃がタブレットをチェックしながらそう言った。
楓は道明寺の顔であり象徴でもある。グループの仕事の多くを司に譲っているとはいえ、その影響力は強い。その楓が不治の病で入院中となれば、ある程度の株価の下落は当然起こり得ることだ。

「ちょっと…下がり方が異常ですね…対策を練らないと」

雪乃がそう言ったとき、部屋のチャイムが鳴って山本がドアを開けるとつくしとタマが立っていた。すでに到着していた西田も部屋に呼び、司は集まった人間に座るよう指示した。

「まず状況確認だ。お袋の入院について、俺が知る前に知ってた人間は誰だ?」
「私と使用人頭、そして牧野様の3人です」
「お前とタマはわかる。納得いかねぇのはなんで弁護士がその中にいるか、だ」

突然名指しされたつくしは、ビクッと体を震わせた。
そして察するのである。自分は疑われているのだと。しかしそれを今否定することもできずに、ただその場の空気に飲まれることしかできなかった。

「姉ちゃんを呼んだのは誰だ?」
「社長にお呼びするように言われたあと、牧野様がLAに連絡を入れてくださいました」
「チッ、また弁護士か…お前、どこから連絡入れたんだよ」
「えっ…直接お姉…いえ椿さんの携帯電話に連絡を…」
「まあいい。で?お前がなぜ社長に病気のことを知らされたのかを教えてもらおうか」
「あたしは…それはあたしにもわかりません」

つくしには楓との契約があってこれ以上は誰であっても答えるわけにはいかない。しかしそのことが却ってつくしを不利にして、ますます疑いの目を向けられているのが感じられた。

「何度も病院に通ってらっしゃいますよね?その時に誰かに付けられていたとは考えられませんか?」
「専務!」

西田がそう雪乃に向かって叫んだが、西田も契約を知るひとりである。それ以上多くを語ることはできない。それは横に座るタマにも同じことが言えた。
つまり今の状況はつくしにとって圧倒的に不利であって、事実が捻じ曲げられる様子を黙って聞いているしかないのである。

「あたしは…あたしじゃありません」
「いいか、そもそも部外者のお前がこの場にいることも間違いなんだよ。しかも守秘義務だかなんだか知らねぇが、そんなもん楯にして何も言えませんと言われて、はいそーですか、ってわけにはいかねぇんだよ」
「例え重要なことを知ってたとしても、あたしが外部にそれを漏らすわけない!」
「そうか?男とイチャついて、浮かれた拍子にポロッと言ったんだろ?」
「男とって…」
「なんせこの騒ぎの最中に車でデートだもんな。おめでたいよ」
「坊ちゃん、それ以上はやめておきな、今は犯人探しをしてる場合じゃないだろう?」
「黙ってろタマ」

もはやつくしが否定しても、見かねたタマが制止しても司を止めることはできない。

「おい弁護士、お前は解雇だ」
「ふ、副社長!」

慌てた西田が割り込んだ。

「牧野様の入社は社長の指示です。勝手に解雇するわけには…」
「その社長はどこにいる?病院のベッドで瀕死の状態じゃねぇかよ。社員ひとり守る元気もないくせに何が社長だよ」
「副社長、落ち着いてください…」

雪乃が低いトーンでそう言うと、司は少し声を落としてつくしをまっすぐに見つめた。

「いいか、お前はもう道明寺に一切関わるな」









拍手ボタンにオマケがあります
今日の運試し再び


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あなたのポチが力になります
応援お願いします!
関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/20 (Thu) 07:22 | REPLY |   

やこ  

スリーシスターズ様

こんばんは。

え、だめじゃんここで泣いちゃ💦
泣かせるお話は他にご用意しておりますので、我慢ガマン。
ここ数日でかなりお話が動きました。これからはどんどん進んで行くし、いろんな謎も明らかになっていく…はず。

ここんとこ伏線回収でかなり必死。素人なのでいろいろわからないこともあるんですが、ラブシンの時ほど詳しく調べる気力もなくて。かなり設定はテキトーですけど、もう迷わずいきます!!!!

予約セットをしていたら、やっぱり年を越しました(笑)

2018/12/20 (Thu) 21:59 | REPLY |   

Leave a comment