Answer 21 

何としても今回の司法試験には突破しなければならない。

5月の連休も終わる頃、つくしは数週間後に迫った司法試験の準備に追われていた。
その頃には司のことを意識の中から追い出し、試験に集中していた。
予備試験の合格から5年間しか受験のチャンスはない。しかも楓との契約を考えれば、何としてでも今回の試験で合格しなければならなかった。

法律家を目指した理由は静に影響されてのことだったが、世界的大企業を率いるためにNYへ旅立った男の隣に将来立つことがあるときに恥ずかしくない自分でいたい、そう思ったことが一番のきっかけだった。

ところが今は楓との約束を果たすために、つくしは法律家になろうとしている。
思い描いていた未来とは異なる道に向かって、歯車は動き出してしまった。

つくしはシャープペンシルをノートの脇に置くと、大きく腕を上げて凝り固まっていた全身をほぐすように伸びをする。

「ちょっと頑張りすぎちゃったかな…」

時計を見ると、朝イチで勉強を開始し直近で時間を確認してから3時間以上が経過していたことに気づき、つくしは少し苦笑いしながら温かい紅茶を入れて一息ついた。

少し前に交換したばかりのスマートフォンを見ると左上が緑色に点滅していることに気づく。
着信かメールか。
元々つくしと連絡を取り合える人間はそう多くない。

液晶画面の表示を見ると、点滅の原因は着信を告げるもの。
更に履歴を確認すると、そこには電話番号が表示されていて、誰からの着信かはわからない。
うっかりかけ直して司に繋がってしまう可能性もあり、つくしはそのまま放置しておくことにする。

スマートフォンをテーブルに置くと、今度はアパートのチャイムが鳴った。
つくしの住まいを知る人もそれほどいないし、厄介な勧誘とも知らずにうっかり玄関を開けてしまうのも面倒なので、つくしは足音を忍ばせながらドアの覗き穴に右目を近づけた。

「え!?何?」

急いでドアを開けたつくしの目の前に、見慣れた男の姿があった。


******


「キャアアアアアアアア」
「おま、ちょっとうるせーよ、ちょっとは大人しくしてろ」

数分前までアパートのテーブルに六法全書と判例集、過去問を広げて試験勉強していたのに、今は男の背中にしがみつき、風を切って国道を走っている。

着信の主と訪問者は、つくしが今必死にしがみついてバイクを走らせている西門総二郎だった。

数分休憩してから再び試験勉強を始めるつもりだったつくしが、総二郎の背中に必死でしがみついている状態は

「よお!やってるか?息抜きしに行こうぜ!」

という一言から始まった。

総二郎も当然、数週間後に司法試験が迫っていることは知っているし、そのためにつくしが必死で勉強していることも知っている。

「な、なんなのよ…」
「このクソ狭いアパートで缶詰になってりゃ息も詰まるだろ?ツーリングに連れてってやるから乗れよ」

そう言って階段の下に停めてある、アパートとは不釣り合いの高級アメリカンバイクを指さした。
総二郎ひとりがバイクに乗っている姿はたびたび目にするが、誰かを後ろに乗せて走っているところは見たことがなかったし、つくしが行動を共にするときは大抵ワインレッド色の車だった。

「え、恐いし、まだやることあるし…やだ」
「やだ、じゃねーよ!こんな狭っ苦しくてジメジメしたアパートで缶詰になってるから勉強もはかどらねーんだよ。いいから来いよ」

狭苦しいのは否定しないが、ジメジメはしていないし勉強も順調でそれなりに快適なつくしの城だ。

嫌がるつくしを無理矢理引っ張り出し、髪型が乱れるのもお構いなしにヘルメットを被せると、総二郎はひょいとつくしを抱え上げ、後部座席に跨らせた。

「ぎゃっ」
「相変わらずのお色気だこと…」

そう皮肉ると、自分もヘルメットを被ってエンジンをかけた。
ドドドと地の底から振動するかのような爆音に、周囲を歩いていた人が呆気に取られて視線を送るが、総二郎はお構いなしにバイクを発進させる。

「ぎゃーーーーーーー」
「まったく…うるっせぇ女だな…」









拍手ボタンにオマケがあります
今日の運試し再び


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あなたのポチが力になります
応援お願いします!
関連記事

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/24 (Sat) 09:26 | REPLY |   

やこ  

スリーシスターズ様

こんばんは。
総ちゃんばっかり活躍しててすみません。司くん、もうちょっとで登場しますのでもう少し頑張ってくださいね(笑)

今回、総ちゃんがつくしをバイクの後ろに乗せるにあたって、これもG様に突撃取材をしてきました。
「ねえねえ、なんで総ちゃんってバイクの後ろに女子乗せないの?」
「え、知らない」
G様ww
そんな感じでもう設定はめちゃくちゃ(笑)原作でバイクに乗ってる云々は見た記憶がないので、きっとドラマの設定なんだと思うんですが…。
ちなみに私は中免取ってから10年以上経ちますけど、一度も後ろに人を乗せたことがありません、っていうか免許を取ってから400ccでは一度しか道路を走ったことがありません。でも高速も走れるしタンデムもできる…
超危険(笑)

脱線しました。

司法試験の勉強に打ち込んでるので、司とのことを考えない時間は増えてきたようです。
3人分の優しさを持つ総ちゃんに助けられております。
ちょいネタバレになりますけど、今後につながる重要な役どころって意味もあって、今回は総ちゃんをかなり丁寧に書いています。決して総つくではありませんのでご心配なく!(笑)

2018/11/24 (Sat) 19:48 | REPLY |   

やこ  

まりぽん様(拍手コメ)

優しい母のような拍手コメントありがとうございます。
私が癒されました(o^―^o)ニコ

2018/11/24 (Sat) 19:54 | REPLY |   

Leave a comment