Answer 19 

頭の後ろで両手を組み、ベッドに横たわりながら総二郎は天井を見つめていた。
類やあきらが身近にいたときは、司とつくしのゴタゴタに興味はなかったし、何かあれば、ああ、またやってるよコイツ等、と気の毒に思っていた程度だった。
ところが類やあきらが相次いで東京から去り、今回のことのようなことがあってつくしを何度も泣かせる司に対し無性に腹が立った。

総二郎はベッドサイドに置いていたスマートフォンを手に取ると、何度か画面をタップして耳に当てた。
呼び出し音ではなく通話中の音声。何度目かのトライでようやく呼び出し音に切り替わった。

『なんだよ』

NYにいる親友の声色は極めて不機嫌そうだった。
不機嫌である理由は理解しているつもりだったが、言い争いになればお互いに止まらなくなるのは小さなころからの常である。ぶつかり合ってもその時はその時だ、総二郎は自分に言い聞かせた。

「なんだよご挨拶じゃねーか、久々に親友がはるばる日本から電話してやったのに」
『うるせぇな…こっちは忙しいんだよ』
「おいおい、まるで俺が暇人みたいな言いぐさすんなよ。日本に戻ってきてたのに連絡の1本もよこさねーでなんなんだよ、お前」
『用事がないなら切るぞ』
「まあ待て。俺もお前が思ってるほど暇じゃねーんだけどな。まあ忠告しておいてやろうと思ってな」
『忠告だと?』
「ああ、忠告」

明らかに苛立ちを含んだ司の声を無視しながら、総二郎はたたみかけるように吐き捨てた。

「お前、何も言わずに日本に戻って来て牧野に会ってたらしいけど、いったい何度あいつを苦しめれば気が済むんだよ。ホントに成長してねーしバカはどんなに頑張ってもバカだと証明するためにNY行ったのか?」
『なんだと…?』

苛立ちを含んだ声が今度は怒りを露わにし、電話口でなければ間違いなく掴みかかってくるであろう低い声で司は反応した。

「バカはバカのままだって言ってんだよ。女のひとりも幸せにできねーヤツが大財閥を率いて行くと思うとゾッとするね。ここのところの業績不振だってお前の力不足が原因だろ?いい加減大人になってきちんとやることやれよ。日本経済をなんだと思ってんだよ」

本心を言ったつもりではあるが、そこには発破をかけてもっとしっかりしろ、という意味合いも含んでいた。しかし喧嘩を売られて司が喜ぶわけもなく、電話の向こうで何かが割れる音や近くにいると思われる人間の悲鳴など、司が狂ったように暴れている光景が総二郎には見えるようだった。

『お前には…関係のないことだ!何を知って電話してきてんのか知らねーけど、わかったようなこと言うな、ぶっ殺すぞ』
「ハイハイ、ぶっ殺されたらこっちも泣く女がいるんでね。そろそろ退散させてもらうわ」
『お前、それだけの為に電話してきたわけじゃねーだろうな』
「いや…それだけだ。まあしいて言えば…」

一瞬沈黙がふたりの間を通り過ぎた。
こんなことを言おうと思っていたわけではなかったが、次の瞬間総二郎の口から飛び出したのは

「お前さ、マジでいい加減に牧野を泣かせるのやめろよ。何度も何度も同じこと繰り返してよ。いいか司。お前がそんななら、俺はもう容赦しない。お前から…牧野を奪ってやる」
『なんだと…!』

それだけ吐き捨てると、司の返答も待たずに電話を切った。
耳に当てていたスマートフォンを投げ捨て、再びベッドに横になると

「何を言ってんだ、俺。思ってもないこと言うなんて…らしくねーな」

そう言って目を閉じた。









拍手ボタンにオマケがあります
今日の運試し再び


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あなたのポチが力になります
応援お願いします!
関連記事

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/22 (Thu) 07:41 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/22 (Thu) 10:09 | REPLY |   

やこ  

スリーシスターズ様

コメ返遅くなり大変申し訳ありませんでした。

はい、総ちゃん電話しちゃいましたね。
一昨日のコメントでスリーさん予想されてまして、ぶっちゃけドキッとしてしまいました💦

ここんとこ総ちゃんばっかり登場なので、皆さんテンション下がり気味なようですね。
アクセス数ガタオチ(笑)そろそろ司ッチ出てこないと怒られそうですね。

2018/11/23 (Fri) 22:19 | REPLY |   

やこ  

まりぽん様

こんばんは、コメ返遅くなり大変申し訳ありません。
総ちゃん、とんでもないことを口走ってしましましたね。
総ちゃんをきちんと書くのは初めてのことなので、大変苦戦していますが、自分自身を誤魔化してる的な雰囲気が出てればいいな。

司の辛さもここのところ続いてまして、読んでくださる方もちょっと辛いかもしれませんが、ふたりを幸せにできるよう、私も頑張りたいと思います。

2018/11/23 (Fri) 22:22 | REPLY |   

Leave a comment