Answer 15 

「仰る意味が全く理解できません。他の人と結婚させるつもりなのに、あたしに傍に居続けろって…」
「言葉の通りですが」
「それって…あたしに道明寺の愛人になれ、と仰ってるんですか?別れろと言っておきながら?」
「そう取っていただいて結構です」

息子の結婚相手を自ら選ぼうというのに、その相手を差し置いて愛人として傍にいてほしいと頼む母親。

―狂ってる、何かが狂ってるよ…

次の言葉がなかなか出てこないつくしは、ヨロヨロと応接用のソファに座り込んでしまう。
楓は自分のデスクから立ち上がると、杖を使ってつくしの座るソファに来る。

「世間様に言わせれば、私は血も涙もない鬼のような人間でしょうね。会社と息子のためを思って、貴女の人生を狂わせようとしてるのですから…」
「!」

つくしはこの一言で楓の本心が見えたような気がした。
恐らく、力不足な息子を愛するが故に切り捨てられず、その息子が一番大切なモノを『妻』という立場ではないにせよ、どうにかして傍に置こうという本心が。

「それが社長の本心なんですね?それって私が法律家じゃなくてもいいってことですよね?」
「どう受け取っていただいても構いません。ただ私はこの財閥すべてを家族だと思って愛してきました。そしてその一部に司もいる。それに貴女の法律家としての将来性については嘘偽りありません…。これで私の気持ちをご理解いただけるかしら」

つくしはもうこれ以上何も聞くことが出来なかった。
一番聞きたかった本心だけど、これで納得できるわけがない。

「コホコホ…ごめんなさい。一応貴女の質問には誠実にお答えしたつもりですし、言いたいことは言えました。少し疲れたわ…申し訳ないけど今日はここまでにしていただいてもいいかしら」
「は、はい…」
「正式な契約は…西田を通して連絡を頂ければ時間を作るようにします。申し訳ないけど…今日は失礼するわ…」

ヨロヨロと立ち上がって再び杖をつき、革張りチェアの背もたれに深く沈み込んだ姿がとても小さく見えた。

******

夜。
アパートに戻って昼間楓が言ったことや楓本人の姿を見たつくしは揺れていた。

司のことは変わらず愛しているし、この思いがお互いに変わらなければいずれ結婚するんだろう、とは思っていた。だけど、その時期は今ではないし、ましてや許可をもらってするものではない。
あれだけの大財閥を率いてきた人間だ。先を見通す能力は抜群だし、恐らく誰よりも自信があるだろう。
そんな人間につくしの法律家としての将来性を評価してもらえていることは喜ぶべきことだが、息子である司にそれだけの能力がないと判断せざるを得ない心境は計り知れない。
愛すればこそ、断腸の思いだっただろう。
しかしそれはつくし個人の将来とは全く切り離して考えるべきことである。
それをせずに、つくしを愛人としてでも傍に置いておきたいという気持ちがすべてを物語っていた。

司にとってベストな状態を作り出し安心できてから逝くつもりだということを。

―歪んでる…何かが間違ってる…でも…

切なさで胸が押しつぶされそうだった。
何故こんな風にしか、お腹を痛めて産んだ我が子を愛することができないのだろか、と。
そしてそんな愛情をこの世に残して旅立つ切なさがどれほどのものなのか。

いくら考えても出せない答えに、つくしは苦しめられていた。

大きく深呼吸したつくしは、ここしばらく開いていなかったノートパソコンの電源を入れて、起動するのを待つ。

恐らく何が正しいとか、考えても答えは永遠に出ないだろう。
明るくなった画面と数分無言で向き合ったあと、デスクトップのソフトをダブルクリックしてキーボードを叩き始めた。

打っては消し、消しては打ち、を何度も何度も繰り返しながら…。









拍手ボタンにオマケがあります
今日の運試し再び


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あなたのポチが力になります
応援お願いします!
関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/18 (Sun) 09:49 | REPLY |   

やこ  

スリーシスターズ様

つくしの愛がなければ司の力は発揮できない。楓さんもちゃんとわかってるんですよね。
でもつくしは法律家の道を目指して譲らない。それなら愛人に…まあ皆さん予想通りの展開だと思ってらっしゃるのではと思います。スリーさんもなんとなくわかってましたよね(笑)
ただ、やはり道明寺家の愛情表現って世間とはかなりかけ離れているんだなと感じていただければ書いてる私も嬉しいいです。

今回のお話は書いてて本当に暗い。
花男とはかけ離れた暗さなので、書いてて気が重くなるときがあります。
ハッピーエンドを目指したいと思っていても、本当にこの二人、くっつくんだろうかと不安になりますね。

2018/11/18 (Sun) 14:17 | REPLY |   

Leave a comment