Answer 7 

「気持ちいい…」

開け放たれた窓から入り込む海風がつくしの頬を撫でていく。
太陽の光を反射した水面はキラキラと輝いていて、その様子を無心で見ていると次々に起こる問題などどうでもよくなってくる。

窓の外を見ていると、司がつくしの髪を愛おしそうに撫でていて、つくしはそのままの状態で目を閉じた。
大きな瞳を閉じた瞬間に、はらりと流れる一筋の涙。
この4日間でつくしはできる限りの愛情を司に捧げ、そして

終わらせようとしていた。

約束の4年までまだ1年もあるっていうのに。
辛く寂しい思いをしながらも、必死で耐えた3年。
今後の人生にとって決して無駄にはならない、いやしてはいけないと思いながら、頭を撫でている大きな手に触れ、そのまま自分の頬へと導いた。

そっと横を向くと、整った横顔が微笑んでいる。
恐らくNYでの生活は慣れないことも多かっただろうし想像以上に辛かったはずだ。表面上は元気そうに見えても、つくしに会って気を緩ませる姿を見ればどれだけ大変な思いをして3年間過ごしてきたのかがわかってしまう。

「疲れたか?」
「ううん、平気。それこそ、なめんな、だよ」

この旅が終わった時に自分達も終わるということ、今は忘れていよう。
自分たちらしい時間を過ごせばいい。

「見えてきたぜ、今日はあそこに泊まる」

前方にそれほど大きくはないが三角屋根の白い一軒家が見えてきた。海側に大きく突き出たバルコニーが特徴で、開放的な印象を受けた。

「ホテル?」
「いや、ちょっと準備不足で貸別荘」
「ステキ…」

F4の行く先々は豪華で煌びやかな場所というイメージだが、前方に見える建物は小ぢんまりとしていてシンプル、司のチョイスにしては珍しく思えた。

ゆっくりと車を建物の横に停めて車を降り、ジッと建物を見つめていると横に司が並んで立つ。

「地味だな」
「そんなことないよ」

ゆっくりとつくしの肩を抱く司は少しだけ不満そうな表情だが、中へ入ろうとつくしを促し玄関の鍵を開ける。

ドアを開けるとバニラの香りが漂っていた。
電気を点けてもいないのに、室内が明るいのは高い吹き抜けの先にある天窓と、道路から見えた広いバルコニーへとつながるオーシャンビューの大きな掃き出し窓からの光のせいだろう。
最小限の柱で支えられた室内は、リビングもキッチンも、ベッドルームでさえ仕切りのないワンルーム型。
海側に小さく区切られた個室があるのは、海を見ながら入ることのできるバスルームのようだ。

「わぁ…ステキ…」

つくしの口からありきたりな言葉しか出てこないのだが、それ以上に表現しようがないくらい美しい別荘だった。

「食材なんかは用意させといたけど、作るの面倒ならどっか食いに行ってもいいし」
「いいよ、あたしの庶民食で良ければ作るし」
「バルコニーでBBQなんかもイケるぜ?」
「それ、切るだけだから楽だし魅力だわ」
「ま、とりあえず座れよ。疲れたろ?」
「あたしは横に座ってただけだし…あんたこそ疲れてるでしょ。時差ボケだってあるのに全然休まないでここまで来たし」
「まぁな、さすがにちょっと」

つくしが促されるまま大きなソファに腰をおろすと、続いて司も横に座り、倒れ込むようにしてつくしの膝に頭を乗せて目を閉じた。

「わりぃ、ちょっと寝る」
「しょうがないなぁ、ジャケットくらい脱げばいいのに…」

つくしがそう呟いたときには、もう司は夢の中。
ふぅ、とため息をついたつくしは、くせの強い髪を撫でながら司の寝顔をじっくりと眺めていた。

忘れていようと思っていたのに、こうやって何も考えないで司の顔を見ていると自然に涙がこぼれる。

「ごめんね…本当にごめんね…。許して…道明寺…」









拍手ボタンにオマケがあります
今日の運試し再び


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あなたのポチが力になります
応援お願いします!
関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/10 (Sat) 11:15 | REPLY |   

やこ  

スリーシスターズ様

こんばんは。足がパンパンですが、頑張ってコメントしに来ました(笑)

葉山!そうですね、高級なイメージありますしね。
どこを走ってるかとかそういうこと一切考えずに書いてました。ただ、司が運転する車は左ハンドルで助手席のつくしの右手に海が見えるって設定なので、西から東へ走っていると想定しながらは書いてました。

この先のふたりに待ち受けていることに少し触れました。
悲鳴、聞こえましたよ(笑)
だってまだシリアスの7話だもん、試練がなきゃ面白くないでしょ??
今回はどんな悲鳴が聞こえてきても、思う存分読み手の皆さんの心を揺さぶる決意をしています。
グラグラ…そう、グラグラとね(・∀・)ニヤニヤ 私ったら悪趣味だなー。

シリアスはお話の書き方がよくわからなくなって、実はある尊敬する方のお話を読み直してきました。
勢いで初めてしまったので、迷走しています。
ただ、かなりいい影響を受けている感じなので、少しずつ作風が変化してしまうかもしれません。

頑張るねー(o^―^o)ニコ

2018/11/10 (Sat) 19:20 | REPLY |   

Leave a comment