お礼と「20years」制作秘話 

おはようございます。

昨日は、追加告知+爆弾発言にお付き合いくださりありがとうございました。

こんなゴミ屋敷のような状態のブログでも、待っていてくださった方がいたんだなぁ…とシミジミしてしまいました。
誕生日まで残すところ3日。
お礼に残りの日数で何かできないかな…などと考えていたりしたんですね。

ただあまり思いつかなくて。

なのであまり需要があるとは思えないけど、お話の制作秘話でも書いてみましょう…かなと。


初日の今日は二次処女作の「20years」について。

ド素人のイラスト描きが、ひょんなことからイベントに参加してお話を書くことになりましてね。
それを皆さんに褒めていただきまして気をよくした私は、当時テレビ版花男専用の鍵付きブログがあったんですけど、そこで恥ずかしげもなく公開したのがこのお話でした。

結局二次小説を書くことを宣言してから少しして、ブログ管理の関係上統合することになってこちらに移動してきたんですけどね。

今読み返しても恥ずかしいくらいヘタクソなお話ですけど、好きなんです、と仰ってくださる方が何人かいらっしゃいまして、書いてるほうも愛着がわいて来ましてどんどん続編を書いていったわけです。

ところがお話のスタートがすでに40歳と39歳でしたし、息子の翼の恋愛とか結婚とか書いてたらついにつかつくに孫まで…。
ぶっちゃけもう書く余地なんてない感じになってまして…。

次に書くことがあるとすれば、司定年退職編とか司ヒイ爺さんになる、とかになっちゃいますし、そんなの萌えないですよね(笑)
永遠の別れ編とか書いたら、苦情続出かもしれません。

私も割と好きだな、って思えるお話なんですが、これ以上書く場面がなさそうなお話でもあります。

今回番外編を書いていて、翼の子供の名前が思い出せない(笑)
どのお話に書いたのかも忘れてて、めんどくさいので書くのをやめました(汗)

翼のモデルっていうかイメージは、竹内涼真君かな。
書いた当時は知らなかったけど(笑)
読んでくださる方々は、どんなタレントさんイメージしてるんだろう?

離れ離れに暮らした親子のお話を一度書いてみたいなと思っていたのだけど、処女作に出してくるというチャレンジャーでした。



明日以降は本日の18:00以降、半日更新に切り替えて「Take It Easy!」と「ラブ・シンドローム」の制作秘話を書いてみようかなと思っています。

で、前夜祭というか前朝祭?に「教習所シリーズ」の制作秘話行きたいと思います。

お話公開までの時間稼ぎに、もう少々お付き合いください。









拍手ボタンにオマケがあります
今日の運試し再び


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あなたのポチが力になります
応援お願いします!
関連記事

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/10/25 (Thu) 07:51 | REPLY |   

やこ  

スリーシスターズ様

お!風間くんですか!
実は風間くんも同じ誕生日(笑)

20yearsは、花男専門イラストブログで「コトバよりも大切なもの」という、厳重な申請に通過したブロともさんのみ閲覧可能なのがあったんですよ。
そこで公開してました。
当時50名くらいだったかな…?
みんな優しくほめてくれて泣きそうでしたよ(笑)

2018/10/25 (Thu) 20:03 | REPLY |   

やこ  

コロン様(拍手コメ)

お待たせしてすみませんでした。
楽しんでいただけるよう、がんばります!

2018/10/25 (Thu) 20:17 | REPLY |   

やこ  

heorakim様(拍手コメ)

ありがとうございます。
楽しんでいただけるよう、がんばります

2018/10/25 (Thu) 20:20 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/10/27 (Sat) 23:24 | REPLY |   

やこ  

さとぴょん様

お気持ち、痛いほどわかります。

先日、某テレビショッピングで小〇優子が
「うわぁ!すごい!!取れてる取れてる!!」
と、古い角質を取る機械を販売してましてね。旦那に買え買えと言われて買ってしまいました。
深く刻まれたシワを取るために…。
そしてその機会を頬に当てながら、20代の司とつくしの恋話を萌え萌えしながら書く私。
哀れでした(泣)

そんな惨めな私が元気なジジババをかけるワケがありません。
あの二人ならずっと夜もお盛んでしょうし、トゥルットゥルのお肌でしょうけど、曾孫誕生話を書いてもキュンキュンはしないでしょうね…。

大人しく、自分の老いと戦いながらかつて憧れていた20代~30代の恋愛を書くとします。

2018/10/27 (Sat) 23:57 | REPLY |   

Leave a comment