Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
8

リオデジャネイロ狂想曲 17

すっかり放置ですみません。

よかったらおさらいしながらお読みください。






つくしがゆっくりと目を開けると、向かっていたはずのホテルの天井が視界に入る。
そしてぼんやりと周囲を見回すと、つくしの右側には大きなオトコの後ろ姿が見えた。

「…!」

言葉にならなくて息を飲んだのだが、オトコは気づいていない。
驚いた理由が、オトコが道明寺司だということはもちろんだが、さらにつくしを驚かせたのは司がボクサーブリーフを身に着けただけという姿だったからである。

―ど、どういうこと…?

動揺するつくしだが、その場から全く動くことができないでいる。
恐らくここへ運んで来たのは司だろうが、その意図がまったくわからないし、しかもあの姿である。
目が覚めたことを知らせるべきか否か。

「うっ…」

そんなことを考えていると、司が小さく呻いた。
つくしはそのままジッと動かず薄目を開けたまま司を見ると包帯の巻かれた太ももから血が滲んでいるのが見えた。そしてその傷の痛みが彼を苦しめているということにも気が付くのである。

―あ…あの傷…やっぱりまだ痛むんだ…

しかも包帯から滲む血液をみてもかなりの出血量である。
相当の痛みが伴うはずだと思っていると

「なんだよ、起きてたのか」

いつの間にか目をあけて傷を見ていたようで、その様子に気付いた司が声をかけてきた。

「あ、えっと…」

しどろもどろになって何を言えばいいのかアタフタするばかり。

「今日の練習で少し傷が開いただけで、大したことねーから余計な心配すんな」
「え、でも…」

ベッドから起き上がって司のほうを向き、そう言うと太ももの傷を見ながら

「あの…昨日は事情も知らずにすみません。少し言い過ぎました」
「ああ、そうだな。効いたぜ、あの一喝」

恐らく昨日の弱気な彼の精神状態はこの傷の痛みのことも一因だろうとつくしは思っていた。
そしてそんなことも知らずにアスリートとしての彼の弱気な姿をなじった自分を恥じてもいた。

「それから…あのセーム」
「お、気づいたか?ちょっと悪ささせてもらったぜ」

黒い汚れと勘違いしてもおかしくないようなメッセージ。
しかしそのメッセージのお陰で間違いなくつくしは浮上できそうだった。


『己に勝つ ベストを尽くせ』


決して上手な文字とは言えない。
だけどつくしの弱気な気持ちを奮い立たせるには十分なメッセージだったことも確かだ。

「確かにアタシはとても不安で、メダルとか順位とかそういうのにこだわり過ぎてガチガチになってました。でも…」

つくしは両手の拳をギュッと握りしめ、司の目をまっすぐに見て堂々と言った。

「アタシの力はこんなもんじゃない。本来の力を出して必ず結果をだすつもり…!」

それだけ言うとつくしは握りしめた拳の力を抜いた。
目の前のオトコに伝えるべきことは伝えられた。

「道明寺さんの準決勝が始まる同じ時間に、アタシの決勝が始まります。自分に勝ってきます。そして結果を出す。だから道明寺さんも…」

―負けないで

そう言おうとしたとき、視界が真っ暗になった。

時間が停まる。思考も止まる。

何がどうなっているのかよくわからないつくしの視界が次に開けたとき、目の前には道明寺司の少し照れくさそうな顔があった。

「わりぃ、つい…」

彼がなぜそんな風に謝ったのかを理解するのにしばらく時間がかかる。
そしてつくしは右手で軽く自分の唇に触れる。

「あ…」

これまで飛び込み一筋で恋愛になど興味もなかった自分の身に起きたこと。
全く嫌じゃなかった。それどころか心地いいとさえ思えた。

初めてのキスがこんなカタチで奪われたことに驚きはあったが、嫌な気分でないのは間違いない。
そして全身がカアッと熱くなり、つい俯いてしまう。

「参ったわ…」

目の前の司も少し顔を赤らめている。
そして次に司がつくしの右手をそっと取り、引き寄せてそのまま胸にすっぽりと収めた。

「まあアレだ。メダルの色とか順位とか、そんなにこだわらなくたって本気出せば結果は付いてくるだろ?オマエの試技は見れねーし、結果もろくにわかんねぇかもしれない」

つくしの肌にダイレクトに伝わる低い声が少しだけ震えているようにも思えたが、次の瞬間

「オレ、たとえ脚が千切れても、オマエの首にメダルをかけてやる」



該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.08.11 06:59 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.08.11 07:05 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.08.11 08:31 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.08.11 13:29 | | # [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
こんばんは

ずいぶん長く放置してしまいました。
ちょっとだけ書く気分(おい)になったのでお話を書いています。
世界水泳見たからかな(笑)

私も読み直してきました。
時系列もあるので結構大変(笑)
あともうちょっと!頑張るぞ
2017.08.11 22:06 | URL | #tKLq9Oy. [edit]
やこ says..."なあなあ様"
ご無沙汰更新ですみません💦

そうそう、リオデジャネイロ五輪なんてもうとっくに過去のお話になっているのに、何故書いているのだろう…(笑)
でも放置はいけませんからね。
頑張って終わらせます。

もうホテル&新幹線予約ですか!!うちは東京なら日帰りできますけどまずチケットだな。
今年はどうにかしてゲットしたいですね。
2017.08.11 22:15 | URL | #tKLq9Oy. [edit]
やこ says..."かなた様"
やだー、ゴロゴロしちゃいました??

ロマンチック度低めなお話ですけど、喜んでいただけて嬉しいです!
2017.08.11 22:16 | URL | #tKLq9Oy. [edit]
やこ says..."kachi様"
すっかりご無沙汰してしまいました。

お、見学にいかれましたか。
何事も本人のやる気なんで無理強いはできないんですけどね。
親の都合で入会して、ヤル気ない子も多くて、その子にどう水を好きになってもらえるかとか結構工夫してます。

うちの小僧はどちらかと言えば親の都合で入れたクチですけど、11年間辞めなかったおかげで滅多に風邪は引かなくなりましたし(笑)
機会があれば是非!
2017.08.11 22:27 | URL | #tKLq9Oy. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する