Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
14

20years お父さんのお仕事 6完

「どうしてパパはペコペコ頭を下げてるの?」

小学校1年生には「会社で一番偉い」人が「頭を下げている」ということが理解でいないでいるようだ。

「つぐみ…」

つくしはどう説明していいのかよくわからないでいる。
結局のところ司が取引先に頭を下げているという場面のことを示しているわけだが、なぜそんなことをしなければならないのかがよくわからないようだ。

「そうだな…つぐみは誰かに何かお願いするときはどうしてる?」
「うーんとね、『おねがいします』って言う」
「お願いしますと頼むときにすることはなんだ?」
「おじぎ!」

司はパチンと指を鳴らしたあとつぐみの頭を優しく撫でた。

「それだ。違う会社のエライ人に何かをお願いしなきゃいけないことがある。そういうときはきちんとお辞儀をして『よろしくお願いします』と言うんだ」
「そっか!そういうことなんだね。でもそれって会社の一番エライ人がしなきゃいけないことなの?しゃいんさんがすればいいんじゃないの?」
「いいかつぐみ。確かにオレは社長で会社では一番エライと思われているけど、社長もその会社の『社員』なんだ。しかも誰よりも他の人にお願いしなきゃいけないことが多いんだぞ」
「へえ、そうなんだ。クラスの子たちのパパはみんな威張ってるって言ってたからパパもそうなんだと思ってた」
「つぐみも今、お風呂を洗うといくら、洗い物を手伝うといくら、って小遣いもらうだろ?それはお手伝いをしたお駄賃だよな?」
「そう!いっぱい貯めてお人形買いたいから!」
「大人も一緒なんだ。お仕事をすると『給料』っていうお駄賃の親分みたいなものがもらえる。でもお駄賃をくれる人のお金が無くなったらどうなる?」
「お手伝いしてもお小遣いもらえない…」
「そう、その通りだ。会社の人に『お小遣いの親分』をあげなきゃいけないのが社長なんだよ。だから会社がなくならないようにオレもお辞儀をしてお願いしてるってことだ、わかるか?」
「そうなんだね。よくわかった!」

小学1年生のどこまで理解できているのかはわからない。それでもつぐみの身近なものに例えて説明する司を見て、つくしはなんだか嬉しくなった。

「パパありがとう!なんか作文の続ききちんと書けそう!」
「なんだ、まだ終わってなかったのか?」
「うん、宿題になっちゃった」
「そうか、それじゃ兄ちゃんにでも見てもらってちゃんと終わらせろよ」
「はーい、じゃお先に出まーす」

そういってつぐみは湯船から勢いよく立ち上がり、軽くシャワーを浴びて浴室を出た。

「よく咄嗟にあんな説明思いついたわね」
「フン、オレを誰だと思ってんだ」

つくしが嬉しく思うのは溺愛する姿ばかりで何かを教えるという光景をあまり見たことがなかったからである。
翼が小さな頃は必死で働いて保育園に預けたり学童保育に入れたりと行き届かないことも多かった。
『なんでどうして攻撃』もほとんどなく手がかからない子だと思っていたが、今思えば我慢していたのか預け先の先生に向けていたのかもしれない。

「さて、つぐみも出たし、始めるか」

突然ニヤニヤしながら司が言う。

「何を?」
「ナニだ」
「どこで?」
「ここで」
「はぁっ??」

それからはもう司の天下。
つくしはそれから約1時間あれやこれやと司に翻弄される。快楽の波に何度も飲み込まれたこともあるが、久々の長風呂も手伝って途中からほとんど意識がなかった。


***


「ハイ!パパこれ父の日の似顔絵ね」

6月18日 世間は父の日である。
前の日に部屋で絵具とクレヨンで似顔絵を書いていたことをつくしは知っていたのだが、金曜日のうちに例の作文が完成していたことも知っていた。
似顔絵と一緒に作文もプレゼントすればもっと喜ぶよ、とアドバイスをするとつぐみは大切にしていた便箋に書き写し、お揃いの封筒に入れて似顔絵と一緒に司に渡したのである。

似顔絵を受け取った司は

「お、さすがつぐみだな。イケメンに描いてくれてサンキューな」

と言って目じりを下げている。
そして添えられた手紙に気付きそれをビリビリと開封すると

「えーっ、破かないでよぉ」

とつぐみは涙目になっている。
ところが涙目になっているのはつぐみだけではなかった。
手紙を受け取った司自身が、手紙を読んで涙目になっていたのである。

「つぐみ、ホントにサンキューな。大切にするよ…」

そう言ってつぐみを抱きしめた。




 わたしのお父さんのおしごと 1年C組 どうみょうじつぐみ

わたしのお父さんはかいしゃのしゃちょうさんです。
体のふじゆうなおとしよりのお手つだいをする「かいごしせつ」をたくさんもっています。
しゃちょうはいつもしゃいんさんにいばっておしごとをめいれいしているのかとおもっていたけど、わたしのお父さんははたらいている人のために一生けんめいおじぎをしておしごとをもらってくるそうです。
お友だちはペコペコあたまを下げるしゃちょうはかっこわるいといったけど、わたしはそんなお父さんがせかいいちかっこいいとおもいます。お父さんもお母さんもおにいちゃんもかなちゃんもみんな大すきです。
このおうちのこどもでよかったです。

いつもありがとう!お父さん



~fin~




今日の父の日に合わせて完結させるのに必死で、伏線の回収が微妙でお話自体も微妙になってしまいました。

もう何を書いていいのやらわからなくなって参りました。

皆様からのネタの提供、お待ちしております。



該当の記事は見つかりませんでした。

14 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.18 06:13 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.18 07:09 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.18 07:14 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.18 13:51 | | # [edit]
やこ says..."じゅんこ様"
うちに女子はいないんですが、男子よりも女子のほうが鋭いしいろんなところに気が付くような気がするんですよね。
家族の為に働いてるカッコいい父司が表現でできていればいいのですが。
2017.06.18 19:05 | URL | #- [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
給料をお小遣いに例えて説明するのは自分の経験です。まだ中坊の息子が小さかった頃、あまりにも無駄遣いが多くてキレたときのことを思い出しながら書きました。
20yearsシリーズは司が一般人化してるのでお話がとても書きやすいんですよ。とはいってもうちの旦那はフツーのヒラ職員ですから比べ物にならないけどね(笑)
2017.06.18 19:07 | URL | #- [edit]
やこ says..."moka様"
ご心配おかけしました。
今日は二度も昼寝をしてゆっくりできました。
明日は1時間ほど仕事をしなければなりませんが、無理せずのんびりこなしていこうと思います。
なんとか父の日に間にあいました。

で、うちは父の日にレトルトカレーで済ませようとしています(笑)
2017.06.18 19:09 | URL | #- [edit]
やこ says..."かなた様"
娘ってどうなんですかね。育てたことはないんですけど毎日暴言吐きまくりで口も悪いし私には育てられそうにない、というかもう産めませんけど(笑)
2017.06.18 19:10 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.18 22:10 | | # [edit]
やこ says..."kachi様"
とてもお忙しい父の日だったのですね!
うちは15日に私の誕生日祝いも兼ねて(日程が近いので毎年そんな感じ)外食してきました。
夫の父は誕生日が近いので一緒にやるみたいです。

お金持ちの司ならこんな風にはいきませんよね。でもつくしと再会してからの司は庶民感覚がすっかり身に付いていいパパしてそうな感じがします。
このシリーズも今度はいつ書けるのやら…
2017.06.18 22:42 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.19 00:43 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.20 14:14 | | # [edit]
やこ says..."あやまま様"
はじめまして。コメントありがとうございます。
20yearsは私の二次デビュー作であり思い入れも大きいので気にいっていただけてとても嬉しいです。
そもそものスタートが原作から20年後ということもあって少々出尽くした感は否めませんが、隙間を見つけてお話にできればと思っております。
是非またお越しくださいませ。
2017.06.20 22:18 | URL | #- [edit]
やこ says..."さとぴょん様"
教習所書いてるのが本当の私です(笑)

ラブもシリアスも経験不足なんでしょうね。お話を作っていて結構悩むんです。
ところが教習所書いてるときは結構ノリノリ。
最近はガツンというオチとか妄想エロにはちょっと物足りませんが気分が乗らないと書きたくなります。
ということはそろそろかな(笑)
2017.06.20 22:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する