Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
11

20years お父さんのお仕事 1

な、なんとか間に合いました💦

誤字脱字のチェックはしましたが、残っていてもご容赦をww!

ではどうぞ!








「ねえ、行ってみようよ」
「めんどくせぇしオマエだけ行ってくればいいだろ」

朝から道明寺家では夫婦で揉めていた。
英徳学園の小等部に入学した長女つぐみの初めての授業参観があるからだ。
セレブ学園という位置づけは変わらないが、道明寺財閥の崩壊で昔ほど「道明寺」という名前の影響力はない。それでも父兄の多くが司やつくしが高等部で作り出した数々の伝説を聞いて育った世代である。

司のことを憧れの目で見る父兄もいれば、財閥の崩壊を喜ぶものもいた。

入学式でも相当注目されたのだが、以前の司を見る目とは少し異なる雰囲気があったことは否めない。

つぐみの小学校入学に関しては、夫婦の間に意見の相違があり、翼をひとりで育てたつくしは翼と同じように公立の小中学校から高校受験、大学受験と進学していくことを希望していた。
かわいい娘を都内の熾烈な受験戦争から避けたい司は、当初英徳学園以外のエスカレーター式の大学付属校を希望していて、すでに結婚して同居していた翼や可奈をヒヤヒヤさせた。


ところがお転婆で誰に似たのか「オレ様」気風のつぐみはことごとく私立小学校の受験に失敗し、結局英徳学園にしか合格することができなかった。

そんな経緯もありあまり表に出たくない司は、つぐみの授業参観に行くことを渋っていたわけである。

「つぐみだってパパに来てほしいって言ってたのに、意外に薄情よね」
「オレだって授業参観なんて親は来なかったんだ。母親ひとり行きゃ十分だろ」
「アンタの子供時代は異常なの!やだ!もうこんな時間っ、行くなら早く準備してよね」
「行かねぇよ」
「ホント、頑固なんだから」

オマエには言われたくねぇ、と呟くと準備もせずにソファに転がって居眠りを始めてしまった。
つくしはふぅ、とため息をつくとマンションを出ていった。


***


「ちっ、なにひとつ変わってねぇな、寄付しなきゃ設備も新しくしねぇのか?」

あれほど嫌がっていたわりに、つくしがマンションを出るとすぐに身支度を始めた司。無駄な変装をして英徳学園の小等部に現われた。
小等部と中等部と同じ敷地には高等部があって、つくしとともに過ごした激動の1年を思い出し思わず微笑む司だった。

高等部の校舎を通り過ぎた場所に小等部の校舎があり、なるべく目立たないようにと司はこっそり校舎の中に入っていった。
後でわかったことだが、司は完璧な変装をして校内に潜入したつもりでいたのに、ほとんどの父兄がその怪しい人物が司であることを見抜いていた。

校舎に潜入した司はまず、つぐみの所属する1年C組の教室を目指した。教室にはすぐたどり着くことができたのだけど、廊下には名簿の置かれた机があった。
横目でチラリと名簿を見ると、「道明寺つぐみ」の名前の横には「〇」が書かれていて、すでに父兄が参観している印が残されている。
教室内をチラリと覗くとつくしが高校時代からの友人である大河原滋とニコニコしながら子供たちの様子を眺めていた。

―クソッ、滋も一緒かよー

永林学園出身の大河原滋が英徳学園に身を置くのは、当人曰く「校風が直に合っている」とのことなのだが、司はおそらくつぐみと同じ理由だろうと思っていた。
大河原も一時期永林に相当な寄付をしていたのだが、滋の卒業とともに寄付額が少なくなっていったという噂があった。それが本当のことであれば大河原の娘が英徳に入学したことも納得できる。
同級生の子供を持った親友同士。クラスも一緒になってつくしもつぐみも大喜びしていたことを思い出す。

とにかくつくしと滋から見えない死角に入ると、教室内のつぐみの様子を眺めてみる。

―隣の席はオトコか―

当然面白くない司だがそこはグッと我慢して授業風景を見守った。

教科は国語。作文の発表のようである。



該当の記事は見つかりませんでした。

11 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.10 18:21 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.10 18:24 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.10 18:46 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.11 10:05 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.11 15:31 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.11 16:13 | | # [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
こんばんは。
困った時の20yearsシリーズ。これはある程度時系列が頭に入っているのでどんな風にでも書けるんですよ。
もう本当に時間がなくて、急いで書きました。大丈夫だったかな💦
2017.06.11 19:50 | URL | #- [edit]
やこ says..."じゅんこ様"
こんばんは。

もうね、リクエストとかではなく単純にネタ提供して頂いたという感覚です。
急いで書いたのでいろいろ大丈夫かなと…。
展開はどうなるんだろう(笑)
引き続き頑張ります(^▽^)/
2017.06.11 19:53 | URL | #- [edit]
やこ says..."kachi様"
ネタを下さる皆様のおかげで、「親になった司が授業参観に行く」というお話をかくことが出来ました。
オリキャラで滋の娘、つぐみの親友と言う設定で何度か登場させてますが、親子二代で親友というのはなかなか珍しく羨ましいです。そうそう、ママ友が自分の親友っていうのもいいよね。
2017.06.11 20:08 | URL | #- [edit]
やこ says..."かなた様"
バッレバレの変装で小等部に乗り込んでしまった坊ちゃんですが、暴走しないよう、見張っておきましょうね。
2017.06.11 20:14 | URL | #- [edit]
やこ says..."さとぴょん様"
連日のご褒美コメントありがとうございます❤ウレシイ❤❤


道明寺財閥を解体させた理由は、大金持ちの坊ちゃんを普通のお兄ちゃん、お父ちゃんにさせたかったからなんです。
お金持ちの生活をわからない私には本来の司の金銭感覚とかわかりませんので、こっち目線でお話を書くことができますのでね。

私も司の変装はどんなに完璧でもバレバレだと思います。それを誰にも気づかれていないと思い込んでいるあたり、カワイイですよねぇ。
2017.06.11 20:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する