Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
15

Let's be happy together   第2話

「ねえ、やっぱりアタシ達って相性悪いんじゃないの…?結婚とか言ってる場合じゃないような気がしてきた」

おい、さっきまでの可愛いオマエはどこへ行った。

キスをすればウットリとオレを見つめ、唇や舌を体のあちこちに這わせれば上質な楽器が奏でる音色のような吐息を漏らす。



オレのアレが相当デカイのか牧野のソコが未開発なだけなのか、まだまだ痛みばかりで気持ちよさとは無縁な様子。

「まだそういう段階に達してねぇだけだ。オレとオマエの相性が悪いわけがない。気にするな」
「だって…」

牧野がここまで落ち込むのには理由がある。
実は昨晩に引き続き、シーツを汚してしまったことを気にしているようだ。

「こんな、お屋敷の人に見られるのイヤだよ…」
「気にすんな、醤油こぼしたとか言っておけばいい」
「昨晩は大層なフレンチだったじゃない、この部屋のどこに醤油が存在するって言うのよ、不自然すぎて誰も信じないから」

うっ…

テキトーな思い付きで言ったのだがバケツを掘ったな…。

「おい、何してんだよ」

ふと牧野を見ると着替えを済ませてベッドに敷かれたシーツを引き抜いている。

「洗うんだよ。このまま洗濯してくださいとは言えないでしょ?」

いや…オレは普通に言ってるぜ。
中学の時初めて夢の中で爆発した時も、シーツはもちろん下着も平気で使用人に洗えと言ってたし。
まあ、相手がタマだったからってのもあるけどな…。

「そのままにしておけよ、そんなの誰も気にしねぇし」
「だって洗うのきっとタマ先輩よ!?先輩にこんな恥ずかしいものを見せるくらいなら自分で洗うからほっといて!」

ほ…ほっといてだと!?
しかもなんでコイツはこんなにキレてんだ!?恥ずかしいってなんだ?

おかしい…なにかが確実におかしい…。

「おい…そんなのいいから今日はどっか出かけようぜ」

牧野を『道明寺つくし』にするためには今まで離れていた分を取り戻すくらい多くのデートをして、より多く体も重ねなきゃならないんだ。

ベッドを共にしたなら今度は外出。
オレはどこかへ出かけて楽しもうと牧野に声をかける。

「もう…時間経っちゃったからかな…なかなか落ちないよ…参ったな…」

おいっ!!!

まぁいい…。そういう気分じゃないというのはよくわかった…。

「こっちに来て一緒にワイハの雑誌でも見ようぜ」
「えっと…シーツは白だし漂白してOKね。中性洗剤でよく洗って…ああ、なるほどね。歯ブラシでトントンと…気を付けないと乾くと輪ジミになるのね…」

き…聞いてねぇし…。なんだよあのデカイ独り言…。


***


結局血液のシミを落としたシーツをテラスに干すまで1時間。
牧野はブツブツ言いながらオレの誘いをスルーし続けた。

「あ、ごめん道明寺!で、なんだっけ?」

・・・・・・。

「もういい…とりあえず座れよ」
「え?うん、わかった」

ソファに牧野を座らせ

「どっか行きたいとこあるなら行こうぜ」

そんな風に言ってみる。

「う~ん、特にないかなぁ」

おい、たくさん楽しいデートがしたいと言ったのはオマエだぞ?
特にないとはどういうことだ…。

「なんかないのか?買い物でもいいしテーマパーク的なもんでも…ど、動物園ってやつでもいいし、なんなら庶民デートってのに付き合ってもいい」
「今日はそんな気分じゃないのよね…」
「それなら旅行の話でもするか?」
「なに、旅行って」

オレは牧野の額に手を当てた。
熱はないな…。

「なによ…別に具合は悪くないってば…えっと…なんていうかその…まだヒリヒリするっていうか…
「ヒリヒリ?」

なぜか牧野の顔は真っ赤になっている。
ヒゲがあるわけじゃねぇし、日焼けするようなこともしていない。
いったいどこがヒリヒリするって言うんだ?

「どこがだよ」
「バッ、そんなこと言えるわけないでしょ!?」
「なんだよ、オレにも言えねぇのか?別に誰に言うわけでもねぇし、ちゃんと言ってみろよ。あまりひどいならドクター呼ぼうぜ」
「うるさいな!もういいから聞かなかったことにしてよ!」
「オレはマジでオマエのことが心配なんだよ!どこがヒリヒリするのかハッキリ言えよ!」
「マジでしつこい!!ホントにもうやめて!!」
「オレはオマエとどんなことも共有してぇんだよ!オマエが辛ければオレも辛い、具合が悪ければ遠慮なく言えよ!オレ達近い将来結婚すんだぜ?隠さずになんでも言ってくれよ!」

見れば牧野は下を向いて震えているようにも見える。
だ、大丈夫なのか?本当に具合が悪いんじゃないのか?

「おい!具合悪そうじゃねぇかよっ!救急車呼ぶぞ!なんならドクターヘリ…」


「うるさいっ!!!!アンタのアレが大きすぎるから今もヒリヒリしてるって言ってんだよっ!」



……
………
…………

なんだと?

ポカンとしているオレにクッションを投げつけた牧野は、真っ赤だった顔を更に赤くさせ、目を吊り上げて部屋を出ていった。

その後ろ姿はとても歩きにくそうで、デリカシーのない自分自身の発言に頭を抱えるしかなかった。












すみません、Happyending様の素敵なオープニングをぶっ壊す意味不明なお話。
後の人のことを全く考えないKYなお話でごめんなさい。
ぶっつけ本番のガチリレーではこれが限界です…ホントすみません(◎_◎;)

そんなわけで本日定時の「同居人シンドローム」はお休みさせていただきます。
執筆が間に合えば、18時に更新しようと思いますが…期待せずにお待ちくださいませ。

で、ですね…

僭越ながらお待ちかねの第3話担当を指名させていただきます。

実はこれもアミダで決めました(笑)

では皆様 いってらっしゃいませ!!


第3話を書く人のブログへGO



該当の記事は見つかりませんでした。

15 Comments

says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.06.04 07:15 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.04 08:10 | | # [edit]
Happyending says...""
面白すぎました(笑)!!
デートくるかと思ってたー(笑)
次、komaさん、絶対びびってるね。

いやー、良かったです。やこさん、指名して(*^_^*)
2017.06.04 08:29 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.04 10:52 | | # [edit]
やこ says..."kachi様"
なんとなく2話は自分に来ると思って心の準備だけはしっかりしておいたんですけどね。
リレーは自分以外の人が続きを考えなければならないのでどこで切るかも難しい。
とか言いつつ私はわけのわからないところでバトンを渡した…
komaさんの悶絶しているところが目に浮かびます。
続きもお楽しみに!
2017.06.04 13:42 | URL | #- [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
ここのところずっとグダグダを書いていましたので、コメディが書ける!と思うとウキウキしておりました。
自分的にはそれほど笑えないかなと思っていたのですが、皆さん喜んでいただけているようなのでちょっとホッとしております。

つかつくオンリーのイベは新鮮ですね。皆さん「類は嫌い!」という感じなのかと思いきや、そんなことはないみたいで。
ただやっぱり私もそうですけど類とつくしがどうにかなるってのは。読めるけど書くのは難しい!同じ気持ちを共有し合えるイベントという意味ではとてもいい経験だと思います。
ひとつコメディ書いたら、教習所が恋しくなりました。
2017.06.04 13:47 | URL | #- [edit]
やこ says..."Happyending様"
3番手、皆さんいろいろご都合もありますので結局例のアミダ(笑)
アミダじゃなければ違う人を考えていたのですけどね。
しかし緊張感がハンパない(;^ω^)
でも私もそっち側の人間です。超気楽になりました❤
2017.06.04 13:49 | URL | #- [edit]
やこ says..."みさつき様(拍手コメ)"
久々にコメディっぽいお話に着手できるということもあり、書く前は張り切っていたんですけど、いざ順番が回ってきてしまうとテンパって何を書いているのかわからなくなってしまいました(笑)
拍手とコメント、本当にありがとうございました。
2017.06.04 13:59 | URL | #- [edit]
やこ says..."まろ様(拍手コメ)"
再度の拍手コメ、ありがとうございました。今度はしっかりと表示されておりますのでご安心ください。
このお話がどんな風に進んで行くのか…私にもまったくわかりません!
ただタイトルを付けたときに、私の心からの願いをそのまま込めました。仕事してくれたのはGoogle翻訳ですけど(笑)
ラストまでお楽しみいただけると嬉しいです。
2017.06.04 14:03 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.05 00:27 | | # [edit]
やこ says..."さとぴょん様"
やったー!
神コメンテーターさとぴょん様からコメディ女王の称号いただきました❤

最近はずっと悩み多きつくしちゃんを書いていましてですね、笑えるお話書きたいなと思っていたところなんですよ。
とは言っても連載を終わらせないことにはにっちもさっちもいかねぇよ、という時にお誘いいただいたのがこのイベントなのですよ。

とはい笑えるお話を書く能力(もともとない)が鈍っているのでしょうか?
なんかイマイチな気がして過去のバカ話を読み返そうかと企んでいるところです。
2017.06.05 00:48 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.05 07:45 | | # [edit]
やこ says..."かなた様"
コメディって書いてても楽しくなるんですよ。
特に最近は沈みがちなのでね。楽しかったです!
2017.06.05 20:09 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.07 10:18 | | # [edit]
やこ says..."ずき様"
あら~、類つくさんがもうひとり釣れました(笑)その節はお世話になりました。
なんですか「ヒリヒリ事件」って(笑)
坊ちゃんめっちゃ巨大そうだしきっと1回や2回や痛いよねって勝手に想像(爆)

好きなCPは違っても同じも物語が好きなもの同士。
楽しんでいただけると嬉しいです(^▽^)
2017.06.07 18:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する