Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




8

同居人シンドローム 2

「よく結婚決意したよね…。あんなに戦ってたのに」
「つくし…もうさ…聞いてくれる?」

純白のウエディングドレスを来た新婦は、こともあろうに結婚式の直前に新郎の悪口を言い始めた。

「わかるでしょ?あの天使のような笑顔!あれに騙されたわ!」
「なんてこと言うのよ、結婚式の当日に」
「だってまだあの人の根性ひん曲がったまんまなのよ?まだまだ直しどころ満載だったのに…してやられたわよ」
「聞き捨てならない表現ね…どういうこと?」

沙織は自分のお腹を指さして

「計画的犯行よ、相手は強硬手段に出たの」
「なんですって!?」
「まったく想定外よ!」

アタシが沙織から妊娠を聞かされたと同時に、隣の新郎控室でも同じことを聞かされたのか、男性陣の驚く大きな声が壁越しに聞こえてきた。

「あの人は、天使の顔した悪魔よ!」


***


「なんだよ、文句言ってた割には幸せそうじゃねぇか」
「やっぱりそうよね」

類と沙織が教会で愛を誓い合っているあいだ、久々に会ったオトコがアタシに話かけてきた。

「取り上げるのか?」
「そうね…沙織が東京に来てくれるなら是非そうしたい」

親友のベビーだ、できればアタシが取り上げてあげたい。

「人のことより自分はどうなんだよ、アラサーだろ?マルコーってヤツになる前にどうにかしたほうがいいんじゃねぇか?」
「うるさいわね…その前に相手よ相手」
「フン」

相変わらずの距離感ではあるのだが、どういうわけか不快じゃない。
好きだけど「交際する」ってことにこだわらずお互いにやるべきことをやる。人はこんなカタチの恋愛をどう思うかわからない。でもアタシ達はそんな恋愛を選んだ。

「まあ、そろそろってヤツか」
「何が?」

道明寺がつぶやき、アタシの持っていたバッグに封筒を差し込んだ。

「あとでじっくり見ておけよ」
「?よくわかんないけど、わかった」

そうこうするうちに式はクライマックスへ。
沙織が思いっきり投げたブーケは、引き込まれるようにアタシの手にスッポリ収まっていた。

「つくし!!絶対取り上げてよね!あんたが取り上げてくれないならあたし産まないからっ!」
「別にいいよ、俺医者だし俺が取り上げるし」
「いやよ、忘れてるみたいだけどあたしも医者よ!自力でどうにかするわ!!」

この二人が家庭を持つなんてなんだか信じられないけど、お似合いよね。
ふたりとも大好きな友達。
幸せになってほしい。


***


本当は3日欲しかった休暇だけど、研修医の身分で2日ゲットできただけでも上出来だろう。道明寺に手配してもらったホテルの部屋に入ると、着ているものも脱がずにベッドに転がった。
術衣と白衣、医療用サンダルなんて締め付け効果の全くない格好に慣れてしまうと、たまに着るドレスやヒールも単なる罰ゲームのように思えて仕方ない。
それでもシワになってはいけないと、なんとか体を起こしてドレスを脱ぎハンガーにかけた。

ああ、この解放感。最高だよ…。

軽くシャワーを浴びて下着姿のまま再びベッドに横たわると、さっきまで持っていたバッグが目に入った。
式の最中に道明寺に封筒を渡されていたことを思い出し、それを取り出した。

「何これ?」

小さく折りたたんである紙が入っている。
それを開こうとしたとき

トントン

ドアがノックされた。

「はーい」

と返事をしたのはいいが、鏡に映った自分の格好を見て唖然。

「ちょ、ちょっと待ってくださいね!」

と叫んで周囲に何か着るものがないかと探ってみる。
私服はすべてスーツケースに入れてあってそれを出すとなると外の相手を待たせることになる。

そうこうするうちに再びトントンとノック音がして、慌てたアタシは顔だけ外に出して用件だけ聞けばいいやと、ハンガーにかけてあったバスローブを羽織って前を合わせた。

「ハイ…どなた…?」
「なんだ?そのウエルカムなカッコ」
「ど、道明寺!?」



該当の記事は見つかりませんでした。

-8 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.05.29 06:55 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.05.29 13:32 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.05.29 13:49 | | # [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
この回、ちょっと気に入ってます。オリキャラさおりん、いい仕事してるでしょう(・∀・)ニヤニヤ
やっぱり私はコメディが向いてるみたいで、何度も読み直して「よし」とか勝手に思ってました(笑)

昨日は本当に長々失礼いたしました。
いろいろ考えさせられました。
自分の今後についても、よーく考えていかなきゃな…。
2017.05.29 22:52 | URL | #- [edit]
やこ says..."凪子様"
おかえり凪ちゃん♪

類は白かシルバーグレーって感じですねぇ。司は文句なしにブラック。
さおりんの産む子は女の子で、「凪子」とでも命名しましょうか。
類、溺愛…みたいな(爆)

発狂ダンス、ぜひ次回オフ会でご披露願います(・∀・)ニヤニヤ
2017.05.29 22:55 | URL | #- [edit]
やこ says..."kachi様"
この二人の子供が産まれるお話を書く元気はもうございません(笑)

が、チョコマカしてたと思うと、何かをじーっと見つめる…

どっちにしても不思議な子に育つに違いありません(・。・;
2017.05.29 22:57 | URL | #- [edit]
says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.05.30 07:49 | | # [edit]
やこ says..."かなた様"
ウフ❤

女子っていくつになってもドキドキできることが見つけられる天才ですよね。
2017.05.31 15:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。