Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
2

ラブ・シンドローム 73

「この島とか、ここの海、好きか?」
「へ?」

身構えていたわりに普通の質問に拍子抜け。
のんびりとしてのどかな雰囲気は当然好きだし、透き通った海はいつまで見ていても飽きない。

「まあ…そうだね。好きだよ」
「そうか。それならいい」

回答に対する受け答えもあまりにもあっさりしすぎている。
単に好きか嫌いかを聞いただけなのか、何か深い意味があるのか。
道明寺の意図がアタシにはわからなかった。

「オレは、ひと目で惚れたな、この海に。島は暮らしてみないとわかんねぇけど、オマエがいるならここに住んでも構わねぇくらいに思ってる」
「はぁっ?」

このオトコがこの島を訪れてから、アタシの平穏な時間はことごとく潰されてしまう気がしてならない。
虫垂炎で倒れてここに運んできて、手術をして今ここにいるわけだけど、7年ぶりに再会してからこのオトコはアタシの心を良くも悪くも刺激しっぱなし。

「最初は…」

しどろもどろになっているアタシに構わず道明寺は話を続ける。

「もしオマエと再会する時がきたら、無理矢理自分のものにするつもりでいた」
「な、なによ…そんな勝手な…」
「それだけを考えてNY時代を必死で耐えたし敢えてオマエの居場所を探ろうともしなかった。なぜだかわかるか?」
「わ、わかんないよ…」

それまで海を見つめていた道明寺は顔をこちらに向けてアタシの目をまっすぐに見つめてこう言う。

「どんなに離れていても、時間がかかってもオレとオマエは必ず出会う運命なんだよ」

まっすぐな眼差しはアタシをその場から動けなくした。
このオトコ、いったい何を言い出すの?

「この島にオレが来たのも、オマエがいたのも運命で、偶然なんかじゃねぇって思ったワケ」
「そんな、居場所もわからないのに偶然じゃないなんてあり得ないよっ」
「オマエに助けられてここに来た時、手術を拒んだのはオマエを東京に連れ戻そうとしていたからだ。手術を拒否すれば渋々東京に同行するんじゃねぇか、そう思ってたけどまさか本気でここで手術をすることになるとは思わなかった」

すると傷口が痛むのか道明寺の表情が少し歪んだ。
アタシはすぐに近づいて様子を見ようとしたのだが…

寝巻に手をかけた瞬間に、大きな手がアタシの手を包みこんでいた。

「この海を見てたら、オマエを今すぐ無理矢理オレのモノにしようという気持ちがなくなったんだよ」


道明寺の言うことが理解できないアタシは、アタシの小さな手を包む大きな手を振り解いて処置室を出てしまった。

言ってることの意味がまったくわからない。

再会したら無理矢理アタシをどうにかしようと思ってたオトコが、ここの海を見てその気がなくなった。それなのにアタシを見つめる目は、あの敵を見る目じゃなく、アタシを愛してくれた優しい目だった。体温の高い手も優しかった。

どういうことなの?

わけがわからないアタシは自室に戻って布団に潜り込むと、ナースコールが鳴るのも無視して、そのまま眠ってしまった。


***


手術から1週間が経ち、相変わらず人間離れした回復力を持つオトコは自力で立ち上がって移動するまでに快復していた。本人は言わないがガスも出た様子で、食生活にだけ気を付ければもう退院してもいい状態にまでになっている。

あのとき以来気持ちが揺さぶられるような会話はしていない。

「で、出たんでしょ?そろそろ認めなさいよ」
「出てねぇよ!」

顔を真っ赤にしながら恥ずかしがる目の前のオトコは高校時代のバカなオトコのままだ。
不味い、と言いながらもお手製の入院食をたいらげ、悪態をつきながら暇だ暇だとぼやいている。

「ねえ、真面目な話、そろそろ退院してもらわないと困るんだけど」
「んでだよ」
「だってそうでしょ?ここは病人の来るところで、元気になった人間をいつまでもここにいさせるわけにはいかないの」
「だからガスは…」
「もうとっくに出てるでしょ?」
「出てねぇよ!」

なぜ回復したのに認めないの?本当に大人になったようでも変わらないんだからと、笑ったときだった。

「決めた、オレは拠点をココに移す」



該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.23 08:06 | | # [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
司くんって恋に関しては遅咲きで、すっごい一途って感じがするんですよね。っていうかどこのお宅でも一途ですが。
時々自分に置き換えて想像することがあります。
あんなに大好きだった旦那でさえ、ときどき置き物に見えてしまう自分がいます。
2017.01.24 09:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する