Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
8

ラブ・シンドローム 58

明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

皆様の声援に支えられ、何とか年を越すことができました。

今年はどんな年になるのかなぁ。

皆さんに楽しんでいただきたいのはもちろんなんですが、やっぱ自分も楽しみたいですね(o^―^o)

今年も引き続きランキングポチや拍手ボタンで私のテンションアップにご協力くださいませ!


※お知らせ

お正月のお休み中にいただきましたブロとも申請につきましては、すべて完了しております。

お知らせが届かない、限定記事が見れないという方は一度取り消し処理をさせていただいております。

今一度「4つのお約束」を確認の上、申請くださいますようよろしくお願いいたします。



では今年一発目のお話、かなり波乱の幕開けではございますがお楽しみくださいませ。





「…なによ…なんなのよ…」

大学病院のカフェで話をするだろうと思って来てみれば、案の定話は平行線.
ふたりともアタシの意見なんて無視してなんなの?

アタシはそっとふたりに近づくと、空いている席に座る。
席はちょうど向き合うふたりの中間で、今のアタシの立場みたいでなんだかおかしかった。

「来たのか」
「落ち着いた?」

これからもっと興奮するわよ、と言いたいのを必死で堪えてふたりを交互に見た。

「話は終わったの?」
「「…」」
「平行線みたいだね。いいよ、わかった。それじゃ道明寺、少し話そう」
「何を話すんだよ」
「今後のことよ」

今後のこと。

「意味がわかんねぇな」
「アタシはアンタの行動の意味がわかんない」
「それじゃ、俺は席を外すね、お互いに冷静に話し合って。まだちょっとフラフラするから戻って寝るよ」

そういうと花沢類は席を立ち、アタシと道明寺の前から立ち去った。
アタシも立ち上がって席を移動し、道明寺と向き合ってまっすぐ目を見つめた。

「まずは…謝るよ。アンタを傷つけるつもりは全くなかったけど、結果的には傷つけたわけだし」
「…」
「ただね、何度も言うようにアタシは花沢類に対して恋愛感情はない。そりゃ、高校生の頃は確かに好きだった時期があるのは認めるよ。でもそれはもう終わったことでアタシはアンタとの将来だけを考えてた。花沢類は頼れる先輩で友達。それ以上の感情はまったくない」
「類は違うみたいだぜ」
「花沢類の感情だって、恋愛感情とは違うとアタシは思ってる。静さんのことが好きだと思っていた感情が憧れだったみたいに、アタシは単なる興味深い観察材料でしかないはず、勘違いだよ」

道明寺は表情を変えずに腕を組んで黙って聞いていたのだけど、右の口角を上げると口を開いた。

「類はオマエのことが好きだと今ここでハッキリと言ったぜ?」
「それは…それでもアタシは…」
「オマエ、男女の友情とか信じてるわけ?」
「当然じゃない」
「あのな、よく考えてみろよ。類を好きだったオマエの気持ちが友情に変わったってことは、逆もあるんだよ。一度好きになった相手は特別だと思えるし、友情になりえるわけがない」
「それは道明寺の持論でしょ?」
「片方が恋愛感情を持った時点で男女の友情なんてあり得ねぇんだよ、それに早く気付けよ」
「そんなことない!」

バンッ!

勢いでテーブルを力強く叩いてしまい、店内にいた数名の客が一斉にこちらを見た。

「どうしてアタシの言うこと信じてくれないの?」
「信じてぇよ」
「なら…」
「だが、NYとここは遠すぎる。どうにか時間を調整してここまで来ただけでこの展開だ。信じたいのはやまやまだが正直難しい」

やっぱりアタシ達みたいなふたりには遠距離恋愛なんて無理だったんだろうか。
まだ約束の4年まで2年以上残ってるのに。

「ねぇ、道明寺…こんなことしてて…疲れない?」


***


「おい、花沢。なんだよあの眼光の鋭い男は!」

部屋のドアを開けようとしたときに、仲間の一人に声をかけられた。
司のことを言ってるのはわかったけど、いちいち詮索するって暇なのかね。

「幼馴染」
「すげぇイケメンだな、お前も相当もんだけど…あれがお前の出身校のレベルか…」
「レベルの定義がわかんないけど、あいつはたぶん何もかも別格だよ。容姿も財力も、影響力もね…。俺なんて足元にも及ばない」

そう、俺ははなから司と勝負にはならない。
勘当同然に東京の花沢邸を出た瞬間から司とは違う世界に飛び込んだんだ。
俺は牧野のいる世界の住人としてここにいるわけだし、牧野の傍にいてお互いに安らぎを与えることができるんだ。

牧野の心を振り向かせることはできないかもしれないけど、あんたにはずと笑っててほしい。



該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.04 10:21 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.04 21:39 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.04 23:57 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.05 08:00 | | # [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
こんにちは。返信が遅くなりました。
もう今日の分が更新になってますのでお話については後ほど…。

私は今日から出勤で、明日と明後日で年明け一発目はとりあえず終了です。
お正月、嵐の番組見まくりでしたよー。
特にBABA嵐、最高でした(^▽^)/
2017.01.05 15:02 | URL | #- [edit]
やこ says..."kachi様"
あけましておめでとうございます!

遠距離恋愛、本当に難しいと思います。
根本的に男女の思考回路が違うので、司くんみたいに一途なオトコの人はレアでしょうね。
このお話も、どうなることやら…(笑)
2017.01.05 15:04 | URL | #- [edit]
やこ says..."チムチム様"
明けましておめでとうございます!

3日までお休みさせていただきお待たせいたしました。
自分で書いててこのつくしちゃん、ムカついて仕方ないです(笑)
ただ、まだ19歳なのでね、ここから大人の女性になってくれるといいなと…。

チムチム様も無理せず頑張ってくださいね。
2017.01.05 15:06 | URL | #- [edit]
やこ says..."かなた様"
あけましておめでとうございます。
おかげ様で3日間ゆっくり休ませていただきました。
今日からお仕事でしたが怠けすぎて超疲れた(´;ω;`)ウッ…
長期間休むと生活を取り戻すのが大変です。
2017.01.05 15:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する