Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
8

ラブ・シンドローム 55

ハッ

昨夜熱を出して朦朧としていた花沢類を部屋まで運んで応急的な手当をしたところまでは覚えているが、そのままベッドに寄りかかって寝てしまったようだ。

肩からは毛布がかかっていて、ベッドには花沢類がまだ寝息を立てていた。

時計は朝の5時半を指していて、寮生が寝ているうちにここを出ないと変な噂になる恐れがあった。
額を触るとだいぶ熱が下がっているように感じられ、とりあえず食堂へ行くくらいの元気はあるだろうと思い部屋を出ようとした。

「ん…」

ドアノブに手をかけたときに背後から声がしたことに気づいて振り向くと、花沢類が目を覚ましたところだった。
アタシは彼のいるところまで一度戻って

「気分はどう?」

そう声をかけた。
寝起きが悪いのは相変わらずらしく、状況を把握するまでにしばらく時間がかかっているようだ。

「昨晩バイト帰りに薬局の前で会ったの覚えてる?フラフラして倒れそうだったからここまで連れてきたの。とりあえず落ち着いたら帰ろうと思ったら、アタシまで寝ちゃったみたいで…」
「ああ…そうだったね…夜中に一度起きたんだけど、あんたがいて驚いた…」
「気分はどう?」
「体の痛みはなくなったけど、少し吐き気がする…」

やっぱり完全にはよくなってないわけね。
顔色も良くないし、熱は下がっていても辛そうにしている。
少しでも楽になればと背中をさすっていたのだが、途中何度もトイレに行って吐く姿を見ていたら、部屋を出るタイミングを失ってしまった。
学生寮はプライバシーが守られているとは言え、すべての学生が暮らす場所である。閉鎖的で噂が広まるのが早いこともあり、そのつもりがなくても男子学生と女子学生が同じ部屋で過ごしたなんてことはすぐに広まってしまう。

部屋の外から人が歩く音や喋り声がかすかに聞こえ、すでにこの部屋から出ることができなくなっていた。

参ったな…。

「牧野…ごめんね」
「ん、気にしないで。でもどうしたの?風邪なんて珍しいね。疲れててて免疫力低下してるんじゃないの?」
「ぷ、なんか言うことが医学生っぽいね」

そ…そうかな…。
そんなつもりはなかったんだけど、

「もう、からかわないでよ。ところで今日は?なんか予定あるの?」
「いや、久々に何もない」
「なら休んでなよ。お米はあるみたいだしお粥くらいなら作れるから」
「お粥?あの味のないドロドロしたやつでしょ?あれやだ」
「あのね、吐き気がするってことは胃腸が弱ってるってことで医学生じゃなくても基本!そんなときに消化の悪いもの食べればますます具合悪くなるんだから」
「まあ確かにそうだね」
「とにかく1日ここにいるから寝てて。なんかあれば声かけてよ」
「あんたの言葉を借りれば『もったいない』だね。せっかく久々に何もない休日だっていうのに寝込んでるだけなんて」

まったく、医大生のくせに健康管理もできないなんてお粗末ね。アタシも気を付けないと。

「さっき吐いたらかなりスッキリした。熱ある?」
「体温計ないの?」
「どっかにあったけど…どこにあるかわかんない」
「まったく…」

アタシは右手で花沢類の額を触り、左手を自分の額に当てた。

「ちょっと熱い気もするけど最初よりずいぶん熱は下がってると思う」
「ん、サンキュ」

言い終ると同時に花沢類がアタシの頬にキスをした。
一瞬何が起きたのかよくわからず、呆然と頬に当たる唇を感じていた。

すると、突然部屋のドアが開き、目の前で信じられないことが起きた。

「ど…道明寺…」



該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.29 10:15 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.29 12:27 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.29 12:40 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.29 17:09 | | # [edit]
やこ says..."じゅんこ様"
ギクッ!!Σ(゚Д゚)

ハイ、司くんファンの悲鳴があちこちから聞こえてきます。
もうね、今日が来るのが怖かった。
明日(日付かわっちゃったけど)はもっと怖いΣ(゚д゚lll)ガーン

今回ちょっとつくしちゃんにはかなり意識して動いてもらったんですけどね…。
安定のタイミングの悪さ、ということで

戦いの火ぶたは切って落とされたのです!

怒らないでね(ガオー)頑張って司くん幸せにします(?)ので!!
2016.12.30 00:09 | URL | #- [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
ベタすぎる設定ですが、タイミングの悪さは健在でございます。

確か南の島だっけ?原作でもありましたよね、類君フランスから帰ったばかりの頃、こんなことが。
あの時はね、つくしちゃんまだ少し類君が好き?でしたけどね、今度はどうかしら。

というわけで怒らないでね(笑)
2016.12.30 00:12 | URL | #- [edit]
やこ says..."凪子様"
お粥…そこかよww

類君は3日くらい食わなくても問題ないので大丈夫です(爆)

でも、こっそり笑ってるでしょ?笑ってるよね??
2016.12.30 00:15 | URL | #- [edit]
やこ says..."かなた様"
はい、いろんなとこから悲鳴が聞こえるタイミングで帰国です(笑)
プライベートジェットはおそらく茨城空港あたりに着陸したのでしょうか?
もう自分でもわけがわかりません(笑)
2016.12.30 00:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する