Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
6

ラブ・シンドローム 26

道明寺が日本に戻ってくる。


たぶんNYで言ってたアタシの誕生日に合せてくれたんだと思うと、これまでになく胸が熱くなる。以前西門さんが言ってたように、道明寺はいつだってアタシのことを最優先に考えてくれてる。
あんなに忙しい人が、年末に時間を割いてまで日本に戻ってくるんだ、当然だよね。


なのにアタシったらどうだろう。


道明寺が西門さんに電話したってことだって、道明寺が探りを入れたかどうかなんてまだわからないのに。
とにかく道明寺が日本に来たらきちんと話し合おう。誤解があるなら時間がかかってもいいから解きたい。


もうすぐ道明寺に会えることが嬉しくて、その夜はなかなか寝付けなった。




***




「ごめんなさい、西門さん」


なんだか西門さんに会うときは、いつもこのカフェにいるような気がする。約束の時間に少し遅れてきた西門さんはコーヒーを頼んで真顔で座っている。


「こっちこそ、なんか悪かったよ。あの時はあの子たちがわざとやったことだと気が付かなくてよ」
「あ、いやわざとじゃないと思うよ。チョロチョロしてたアタシも悪いし。せっかくのお誕生日を台無しにしてごめんね」
「それはいい。ところで体調はいいのか?」
「うん!心配かけました。もう大丈夫だよ。模擬試験の結果も良かったし、体調もいい」


それならよかったと運ばれてきたコーヒーを口に運んだ。


「あとさ…年末に道明寺が戻ってくるの、聞いた?」
「司が?」
「うん」


あれ?こういう情報ならいち早く入手しててもおかしくないはずなのに、今回は知らなかったんだ。


「お前の誕生日、確か28日だったよな?久々にみんな揃うし盛大にやるか!」
「みんな?」
「ああ、類も年末には戻るって昨晩連絡が来た」
「花沢類が?」
「ああ、入学してから一度も戻ってきてないだろ?そろそろ親父さんたちともきちんと話をしたいって言ってたな」


そっか。
勘当同然の状態で花沢邸を出てから、一度も東京へ戻ってきてない。それが花沢類のデフォって言えばおしまいだけど、たぶん彼なりの信念だったりプライドなんだろうな。


「司はいつからいつまで東京にいるんだ?」
「24日に戻って、年内はこっちにいるみたい。アタシはよくわかんないけどアメリカには年越しを祝う習慣がないんでしょ?」
「そうだな、クリスマスとセットで祝うのが一般的だ。そうか、じゃあお前の誕生日パーティは28日でいいか?」


12月28日


今回の一次帰国の意味は、道明寺がアタシと過ごしたいっていう意思表示だと解釈してる。
みんながアタシの誕生日を覚えててくれて、祝ってくれるのはすごくうれしいけど…


「ごめん西門さん、28日は1日道明寺と一緒に過ごしたいんだ」


自然にそんな言葉が出ていた。
アタシの口からそんな言葉が出るとは思わなかったらしく、驚いた表情をしてこちらを見ていた。
でもすぐに口角をあげてニヤリと笑い


「OK」


と短く言った。


「変な想像しないでよ」
「するだろ」
「ホントにそればっか!」
「俺はなんにも言ってねぇよ。ただ誤解は解けたみたいだな」
「誤解?」
「ああ、前回俺がここでお前にブチキレられたアレ」


忘れたんじゃなかったのかい…。


「何よ、忘れたとか言っておいて。あ、でもきちんと聞かなきゃとは思ってたんだ。西門さん余計なことは言うくせに肝心なこと何も言わないから」


余計なこととはなんだ、と言いつつ足を組み直してこちらを向き、グイッと美しい顔をアタシに近づけてこう言った。


「司は、俺にお前のことを頼む、と電話してきたんだ」




***




アタシの悪いところだ。
話をロクに聞かずに勝手に勘違いして怒って喧嘩。
日本を離れて数か月の間にあんなに大人になった道明寺だもん、こっちが冷静に話せばきっと理解してくれたはずなのに。


ついさっきまで目の前に座っていた西門さんの言葉を思い出しながら、アタシは膝の上で拳を握りしめていた。



該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.09 10:23 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.09 11:47 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.09 22:44 | | # [edit]
やこ says..."ぐみあり様"
間もなくお誕生日です。リアル12月28日までお話を引っ張ったら、みんな怒るよね(笑)
いや、数日後には誕生日を迎えるように努力いたしますのでご安心を。

ええ、いいなー。自宅前にMJがるなんてぇぇぇぇぇx
私ははヤマザキのランチパックMJポスターを見てなんとか耐えてます。大きいのと小さいのがいます。

お嬢様、情報ありがとうございます。
たぶんそこは一般販売よりも熾烈ですよね。
いつか抱かれてやる!
2016.11.09 23:05 | URL | #- [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
小説歴は短いですけど、たぶん憎まれ役って書けないと思うんです。
実はオリジナルでファンタジー小説を書いたこと(途中でデータ消滅)があるんですが、そこでめっちゃすごいオバチャン書いたことがあるんですが、すごく疲れたんですよね。
したがって鬼畜モノなのは書けないかと思われ(笑)

友里子さん懐かしいですね。
彼女も悪い奴にしようかと思ったことがあるんですけど、「千冬」での処女作でしたし冒険はやめた記憶があります。
思い出すと恥ずかしいですが中島チーフがやたら人気でしたね。

なんかちょっと続編書いてみようかな、なんて一瞬だけ思ってしまいました。

いや、まずはコレの完結を目指しましょうか(笑)
2016.11.09 23:10 | URL | #- [edit]
やこ says..."かなた様"
私は撮りだめしていた(ということにしておきます)番組を、まるで買ってきたもののように変身させてしまいました。
そうですね、ここまで我慢ばかりしておりますので、ここらへんで大爆発させないと坊ちゃんおかしくなってしまいそうです。
2016.11.09 23:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する