Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
6

ラブ・シンドローム 23

11月―


医大受験まで2か月強。
バイトをしながらなんとか成績は順調に伸びてきてる。
道明寺がどうとか、花沢類がどうだとか、そういうことはできるだけ考えないでやってきた。


道明寺からの連絡は…実は途絶えてる。


本屋で経済誌を見かけることもあってたまに表紙に載っている顔を見ると、会いたい気持ちとなんで連絡くれないの?という気持ちでぐちゃぐちゃだ。


このまま連絡を取らないまま入試に臨むのが嫌だったアタシは、携帯を取り出してメール画面を開く。


【元気ですか?入試は1月23日です。合格発表は27日。一次試験に合格すれば2月2日に二次試験があります。最終的に合格が決まるのは2月10日なので、必死に頑張っています】


何度か文字を打っては消しを繰り返し、小さく深呼吸をして送信する。


送ってからこちらの都合ばかりを知らせてしまっていることに気づき、再度入力画面を開く。


【そっちはそろそろ寒くなってきた頃かな?忙しくいだろうし、体調が心配です。いつでもいいから連絡待ってます】


これでいいよね?


アタシがアンタのことをきちんと考えてるよってことが伝わったかな?
喧嘩したって、言い合いになったてやっぱりアタシはアンタのことが好き。


9月の最後の電話だって、ほんとはもっと感情的にならないで冷静に話し合えたんじゃないかって後悔することもある。


会いたいよ、道明寺。
抱きしめて『頑張れ』って言ってほしい。


結局、その日道明寺から返信はなかった。




***




牧野からメールを受信して、メッセージを打ってみたが結局未送信ボックスに入れたまま2週間が経っていた。


牧野が類を追いかけて医大を受験するわけではないとはわかっている。でも牧野と類はオレの入り込めない特別なものがあり、本来ならそれを丸ごと理解したいという気持ちはある。
だがタイミングが合わなかっただけで、お互いに恋愛感情を持っていた時期があることを知ってるだけにそのことがどうしても引っかかって前に進むことができない。


情けねぇな。






「おうオレだ、総二郎。悪いな、そっち夜中だろ?」
『司か!なんだお前、元気にやってんのか?』
「ああ、なんとかな。それより今、牧野を見送ったところだ」
『そうか!ついにヤッたんだな?』
「バッ、うるせぇよ。それより牧野がこっち来てからどうもオレに言えずに悩んでることがあるみてぇだ」
『牧野がなんか言ってたのか?』
「いや、信じて待ってくれとだけな」
『そうか』


牧野がオレにも言えずに何かを抱えてるのはあの参考書が物語ってる。
英徳に残るという選択肢はないようだ。


オレは自分の都合で牧野を日本に残してきたばかりか、4年も待っていろと言った。
アイツが英徳に残ろうが、他を受験しようが自由にさせてやりたい。


「悪いな総二郎、牧野を頼む」
『なんだよ気色悪いな、変なもんでも食ったのかよ』
「後であきらにも連絡する。とにかく牧野を頼んだぞ」



それだけ言うと電話を切った。






牧野がオレの手を離した直後、総二郎に1本の電話を入れた。
会話は3分にも満たない短いものだったが親友とはいえ、惚れたオンナを他のオトコに頼むなんて情けねぇと思ってた。


恐らくこの電話のことが何らかの形で総二郎から牧野に伝わったんだろう。
単にオレのいない日本で頑張る牧野を支えてやってほしいと思ってしたことだが、結果的に誤解を生んでしまっているようだ。


手帳を広げて12月のスケジュールを確認する。


クリスマスは無理でもアイツの誕生日にはどうにかしたい。
入試直前となればいくら年末だとは言っても追い込みでアイツの邪魔になる。


一晩だけでもいい。


アイツの産まれた日を、アイツが産まれた日本で祝ってやりたかった。



該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.06 09:49 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.06 17:45 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.06 18:07 | | # [edit]
やこ says..."kachi様"
こんばんは!昨日はゆっくりお話しすることが出来ずに残念でした。
いろんな作家さんと読者さんが集まりますので、会話に入るタイミングも結構難しいですよね。
司愛とMJ愛を語る会合なんてものを開いたら、めっちゃディープになりそうですね(笑)

二次を読む目線ですか…
考えたことなかった(爆)
でものめり込むときは第三者目線かもしれないですね。

自分に置き換えるとムキーってなりそうなので(∀`*ゞ)エヘヘ
2016.11.06 18:55 | URL | #- [edit]
やこ says..."名無し様(17時45分コメ)"
はじめまして。コメントありがとうございます。
毎日読んでいただいているとのことでとても嬉しく思います。

えっとですね、プロローグはあんな感じでスタートしてますが…
私は司くんが大好きです。二人にはラブラブイチャイチャしてほしいのは同じなんですね。

だけど、そればっかりじゃ面白くなくないですか?

「コテコテのラブバトルを書きたくなりました!」と宣言しましたので切ない描写もあればドタバタな描写もあると思います。
だって原作がそうですよね??

是非ハラハラドキドキして読んで頂けると嬉しいです。
2016.11.06 19:00 | URL | #- [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
遠距離恋愛ってしたことないですけど会えない分思いが伝わりにくいと思うんです。
そんなところを表現したくて誤解をさせました(笑)
こういうことが続くと、やっぱり別れてしまうカップルも多いんでしょうね。
さて拙宅のつかつくさんはいかがでしょうかね??

潤くん、どんどん若くカワイクなってると思いません?
実は花男の司やったときよりも若く見えるしカワイイんですよ。
顔はちっちゃいし(私の半分くらいかな)

まさかこの年になって若いオトコに入れ込むとは思いませんでした(笑)
2016.11.06 19:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する