ラブ・シンドローム 13 通常バージョン 

一応、大人の階段上るシーンです。一瞬で終わりますしエロくございません。

あからさまな性描写はありませんが、苦手な方は中間付近の「***」より後からご覧ください。





ああ…体が溶けてしまいそう…。

道明寺のキスはこれまでのどんなキスよりも情熱的でアタシの心も体もおかしくする。
両腕を頭より高い位置で押さえ付けられているけど、もう体に力が入らなくてぶら下がってるみたいになってる。
道明寺の右手がアタシの体に沿って降りてきて、腰を支えてくれてるからなんとか立っていられる。

長い長いキスが一旦とまり、呆けたような目つきになっているアタシの目を道明寺が見つめている。

なんて切ない表情でアタシを見るの?

今度はチュッと軽いキスをして、額と額をくっつける。

「逃げるなら今しかねぇぞ」
「逃げないよ」
「正直今だって、止まれる状態じゃねぇ」
「わかってる」
「優しくしてやれるかどうかも、わかんねぇぞ」
「アタシ、牧野だし全然平気でしょ」
「かもな…」

ああ、まただ…。

キスしてるだけで頭が真っ白になりそうで、道明寺に支えてもらわなきゃ立っていられない。

次の瞬間、脇と膝の裏に腕を差し込まれ、大きなベッドのある部屋に運ばれる。
仰向けになっているアタシに跨って着ていたシャツを脱ぎ捨てた。

「もう、止まれないからな」
「うん…」

優しいキスが降ってくると、これまで道明寺と出会った時からの出来事が頭に浮かんでは消えていった。

 ―いつから好きになってたんだっけ―

そんなことを考えるたびに、触れられるたびに体中に電気のような刺激が走る。

乱暴な優しさはいつもアタシの心を搔き乱してた。

 ―乱暴?―

ううん、道明寺はいつだってアタシに優しかったよ。

ほら、こんなにも優しく、壊れモノでも扱うように、アタシを大切に、丁寧に愛してくれてるでしょ?

「好き」とか「愛してる」なんて言葉じゃ足りない。

アンタのためなら死んでもいいと思えるくらい幸せだよ・・。

だからこんな痛みなんて全然我慢できる。

ずっとずっと…この人と一緒にいたいよ…。


***


んんっ…

肌に直接触れる温もりが気持ちよくて目が覚めた。
ゆっくりを目をあけると、すぐ目の前に愛しいオトコの顔がある。
右腕はアタシの首の下に、左腕はアタシの腰に巻きつけて「逃がさねぇぞ」って体勢に思わず笑ってしまいたくなる。

アタシはどこにもいかないのに。

いつもアタシを優しく見つめる瞳は閉じられ、長い睫毛がそこにある。
一晩中アタシを愛し続けた唇にそっと触れ、ゆっくり自分の唇を重ねてみたりする。

モゾモゾと動くアタシに気付いたのか、目の前の男はゆっくりと目を開けた。
視界の先にアタシを見つけると、嬉しそうに笑って呟く。

「おう」
「おう」

なんて色気のない朝だろうか。

「大丈夫か?」
「さあね、わかんない」

本当は時々下半身が疼くように痛む。
それでも今はこの幸福感に包まれていたくて、変な冗談を言ってみる。

「オレ、こんなにグッスリ眠れたの久々だわ」
「そんなに忙しかったんだ」
「っていうより時間があっても眠れねぇことが多くてよ」
「そうなんだ」

まだ18歳なのに、誰よりも苦労してるんだもんね。
その苦労、共有できるものならアタシに分けてほしい。

「ねえ、今日はどこに連れてってくれるの?」
「ん~、特に考えてねぇな。ここでオマエ抱いてたい」
「バカっ、そんなもったいないこと言わないでよ!牧野つくしのNY旅はもう始まってるんだからね、アンタホストなんだし素敵な思い出作ってくんなきゃ浮気するから!」

バシっと道明寺の腕を叩くと、振動で下半身がズキっと痛んだ。

「っつう…」

うっかり顔をしかめてしまって道明寺が心配そうに覗き込む。

「痛てぇのか?」
「そうでもないよ。仕方ないことだしずっと痛いわけじゃないから心配しないで」

今は布団に隠れて見えないが、シーツにはアタシがバージンだった証拠が残ってる。
痛みもそうだが、まずはこのシーツをどうにかしなきゃ。

「起きれそうか?なんか食おうぜ。グッスリ眠ったら腹へった」









拍手ボタンにオマケがあります
今日の運試し再び


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あなたのポチが力になります
応援お願いします!
関連記事

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/27 (Thu) 21:19 | REPLY |   

やこ  

瑛里様

こんばんははじめまして!ブロとも申請&コメントありがとうございます。

えーと、お知らせをいただきましてちょこっと調べたというか自分の管理画面から訪問者履歴を見てきたんですが、瑛里様の足跡が残っていませんでしたので、おそらくそれが原因ではないかと思われます。
一度「訪問者履歴」を「残す」設定にして再度チャレンジしてみてください。

ブロともをパス代わりにするのは便利な反面読者の皆様にお手間を取らせてしまうため、対策を考えなければならないと思っているところです。ただ、面倒な申告をお願いして皆様守ってくださってますのでね…。もうちょっと考えてみたいと思います。

2016/10/27 (Thu) 22:39 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/28 (Fri) 00:57 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/28 (Fri) 01:33 | REPLY |   

やこ  

くんちゃんの様

こちらこそ申請ありがとうございます!
うちの限定記事はRはほとんどありません。あってもいただきものくらいですのでガッカリされる方も多いのではないかと思います。

教習所シリーズは結構ノリノリで書いているものが多いですが、皆さん喜んでくださるので嬉しいです。

現在連載中のものはですね…いつ終わるんでしょうね(笑)まだ始まったばっかなので、毎日見ているのがもどかしいという方には一気見をオススメしちゃうかなぁ。

また遊びに来てくださいね(o^―^o)ニコ

2016/10/28 (Fri) 12:27 | REPLY |   

やこ  

瑛里様

無事に通過できてよかったです!

サイト、お伺いさせていただきました。
すごいすごい、メッチャキレイでビビりました。
そちらのほうは全く疎いですけど、美しいものは素直に美しいを思えるんだなぁと感激しました。

是非また遊びにきてください。

2016/10/28 (Fri) 12:31 | REPLY |   

Leave a comment