Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
6

ラブ・シンドローム 4

「類が医学部とはな」

西門さんの言葉に一同は頷く。
約束された将来を捨てて自らの道を行くことの難しさを知る人たちの言葉には重みがある。

いよいよ花沢類が大学の寮に入るという連絡を受け、西門さんと美作さん、滋さんと桜子の4人とアタシは花沢類の家の前に立っている。

数日前、道明寺から『類の件、聞いた』と1行のメールが届いた。
忙しいのはわかるけど、もっと他になんかメッセージを入れなよとツッコミを入れたくなる。

「お、出てきた」

美作さんの声で一斉に花沢邸に目線が向く。
今まで荷物なんて持ったこともないだろうに…大きなスポーツバッグを肩にかけ門から出てくる花沢類の表情はいつもと変わりない。

「あれ…みんなどうしたの?」
「バカ、見送りに決まってんだろ?」

西門さんがしみじみと言うと鼻の奥がツンとする。
国内とはいえ道明寺に続いて花沢類まで東京を去る。さすがのF2も寂しさは隠せない様子だ。

「類…大丈夫なのか?すぐに帰ってきたりするなよ?」
「あきら…俺をなんだと思ってんの?」

たぶん静さんを追ってフランスに行き、夢と現実のギャップに苦しみながら日本に戻ってきたことを思い浮かべているのかもしれない。

「大丈夫だよ、今度はやり遂げるから」
「ねぇ類くん、生活資金とかはどうするの?」

それは正直ここにいる誰もが思っていたに違いない。滋さんの空気の読めなさに今回は全員が感謝しているはすだ。

「一応勘当だからね。家のお金は持ち出せないんだけど、お年玉?とかそういうのを管理してくれてた使用人がいて、銀行に預けてあったお金があるから当面はそれでなんとかするよ」
「花沢類、そのお金だって無限じゃないんだからね!切り詰めて生活すること考えなさいよ?」

節約ならアタシの得意技だ。何と言ってもお金の使い方が浮世離れしている人だし、いつもの調子でバンバン使ってればいくらまとまったお金があっても心配だよ。

西門さんが前もって用意していたワゴン車に6人で乗り込むと、ゆっくりと花沢邸を離れて行った。

「ねえ総二郎。祥一郎くんが医学部に進んだ時もおじさんとおばさん反対してたよね」
「ああ、あれは地獄だったな。俺と弟がいたからうちはなんとかなったが、お前のところはもっと修羅場だったろ?」
「んー、どうだろ。うちは元々ヒステリックになる親じゃないからね。静かにキレてるって感じだったかも」

想像するだけでも恐ろしいのに、表情ひとつ変えない花沢類。
いったいどんな家族関係なんだろうと思うだけで身震いしてしまう。

車はどんどん北へと向かい、花沢邸を出発してから2時間かからずに大学の寮に到着した。
寮の中に部外者が入ることはできないので、花沢類とはここでしばしの別れになる。

「花沢類…ごめんね。なにもできなくて」
「別に牧野が謝ることじゃないよ」

こみ上げてくる涙を必死で堪えながら言うアタシの頭をくしゃりと撫でる冷たい手。

いつだって辛いときに傍にいて助けてくれた人がいなくなる。
道明寺に対する感情とは違うけど、喪失感はたぶん道明寺が旅立った時よりも大きいはずだ。

「俺…何かに対して頑張るとかしたことないけど、とりあえず自分で決めたことだから頑張るよ」
「花沢さん…」

これまで全く言葉を発しなかった桜子もやっと口を開く。

「いいか類、お前はこれから今までとは全く違う世界に飛び込むんだ。少しでも不安なことがあればいつでもいいから連絡しろよ」
「ありがと、あきら。そうさせてもらうよ」

そういうと花沢類はアタシの目の前に立って口を開いた。

「もう、牧野が泣いてても助けてあげられないけど、連絡はするよ。俺が泣きそうになったら飛んできてくれるよね?」
「花沢類…」

そう言うとクルリと反対側を向き、右手をあげて寮に向かって歩きだした。

頑張って、花沢類。
ずっと応援してるからね。

姿が見えなくなるまで眺めていた背中は、いつもよりなんだか大きく見えた。



該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.19 09:20 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.19 17:55 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.19 20:54 | | # [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
はい、ルイ王子ついに行ってしまわれました。っていうかまだお話始まったばかりです。
類君は過去の人。魂の一部です。ですがこれからいろいろ事件も起こりますけど(起こすのは私ですが)怒らず付いてきてください!

今ね、このお話超ノリノリで書いてるんですよ。
これもJaponismのマスカレードを見てテンションが上がったからなんですよ。
MJが吐き出した水、浴びたかった…(変態発言)
2016.10.19 21:55 | URL | #- [edit]
やこ says..."なあなあ様"
オフ会でゲットした情報ですが、類は安定の変態だそうです。
ナンテコッタイ。
でもね、りおさんとこの類つく話って司がめっちゃかっこいいんですよ。
もうつくしなんか追っかけてないでうちにおいで!てレベルですもん。

りおさんのお住まいはご当地一番しぼりがMJなんですよお。
発売と同時にポスター画像がが送られてきましてね、もう昇天いたしました。
2016.10.19 22:04 | URL | #- [edit]
やこ says..."kachi様"
司がエール…
20話まで書き終っていたのでドキっとしてしまいました。
アブナイアブナイ。

類君はね、これまでなんとなく生きてる感じだったから血の通った人間にしてやりたいのですよこの際(何様?)
って、類=医者は韓国版花男のパクリですけどね(問題発言)

類がカッコいいと感じるか、いやん、ワタシは司しか愛せないのと言い張るか

最終回までどうかどうか見捨てずにいてください…。
2016.10.19 22:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する