Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
8

20years 父と子 1

「今帰った」
「おかえりなさ~い」

つぐみを産んで産休の母親に変わって美佐子の会社を手伝う父・司。
世界の道明寺司がサラリーマンになって働くなんて誰が想像しただろう。
幼馴染3人でさえ司が働き出したと聞いた時には驚いていた。
母親は会社を辞めたわけではないので収入はある程度保障されているし、蓄えも少しばかりあるから、贅沢しなければそれなりに生活していくことはできる。

美佐子に頼まれて断れずに始まったサラリーマン生活。
世界を飛び回ってバリバリ仕事をしていた人が地方の建設会社のサラリーマンなんて正直物足りないだろう。

俺は大学4年。

長い夏休みも終わって友人たちは就職活動と総論で忙しい。
俺は父と事業を始めるという約束があるかた特別就職活動はしなかった。
でも卒業はしなければならない。

パソコンに向かって卒論のテーマをwordに打ち込むと、眠気が襲ってきた。
経営の勉強はキライじゃない。
4年の前期もほとんど優。
だけど文章の組み立ては苦手で、wordを開いた瞬間に眠くなってしまう。

父が仕事から戻ってきたことまではなんとなく覚えている。
でも俺は父の顔を見ることなく眠りに落ちた。


***


「父さん」
「お、起きたか翼」

眠りから覚めた俺は目の前にあったパソコンのディスプレイを見てどうしようもなく怒りがこみ上げた。


【超高齢化社会における対策とその後に訪れる新たな問題について 】


これは俺が提出する予定の卒業論文のタイトルだ。
タイトルまで打ち込んだのは覚えている。


「これ、どういうこと?」


打ち込んではみたものの、すぐに眠気が襲い続きを書いた覚えがない。
ところが目が覚めて画面を見ると、完璧な状態で論文が仕上がっている。

犯人は父だ。

苦手とは言え俺は自分でしっかりと仕上げて卒業したかった。
完璧な論文を前に怒りがこみ上げる。


「こういうこと、やめてほしいんだけど。俺がこういうことされて喜ぶとでも思った?」


母親と復縁して以来、父とは上手くやってきたつもりだ。
経営学についてよくわからないことは質問したし、空白の20年を埋める努力はしてきた。

だがこれは違う。


「ああ、なんだか悩んでるみたいだったからな。今の大学の卒論は7割がコピペだっていうじゃねぇか。オマエは経営の基礎はできてるしあとは卒業すりゃいいだけだろ?」
「そういうことじゃなくて!」


今までこんな風に声を荒げて父に反抗したことなどない。
実の父親だけど、存在を知り一緒に暮らし始めてから2年弱。やはりどこかでお互いに遠慮し合っていたんだろう。

大きな声を上げた俺を見て驚きの表情の父。
隣でつぐみを抱きこの状況をオロオロしながら見守る母もいた。


「司…ちょっとそれは…」
「誰も丸コピしろとは言ってねぇ」


父の顔を見ると無表情で冷ややかな目をしている。
今までこんな父の目を見たことがなかった俺は少しだけ驚いた。

でもこれは違う。


「悪かったな、消してくれ」


そう言うと玄関に向かい外へ出て行った。


「翼…司はアンタの為を思って…」
「そんなのわかってるよ!でもこういうことされて俺が嫌なのいい加減わかってもらわないと!」
「翼…」


父の肩を持つ母も気に入らない。
自分だって同じことされたら一番嫌なくせに!

俺はリビングを出て自分の部屋の扉を乱暴に閉めるとベッドに転がった。


***


オレはただ翼が少しでも楽になればいいと思って手助けしただけだ。

アイツは頭がいいが文章を組み立てることが苦手だ。
きっと論文を打ち込もうとしてそのまま居眠りしてしまったんだろう、その手助けをして何が悪い。20年離れてたってオレは実の父親だ。
アイツの存在を知ってから今日まで1日だって翼のことを忘れたことなんかねぇぞ。

ムシャクシャしたオレは車に乗って市街地方面へ向かった。

田園風景の広がる自宅近くから少しでも離れて頭を冷やしたかった。
普段は小回りがきくと気に入っている軽自動車も、その小ささに無性に腹が立った。

親の気も知らねぇで!

オレはそんな風に育てた覚えはねぇぞ!
確かに育ててねぇけどよ。



該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.02 11:17 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.02 11:43 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.02 15:40 | | # [edit]
says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2016.10.02 21:50 | | # [edit]
やこ says..."スリーシスターズ様"
今回のお話は つくし出産編の後になりますね。
父子の物語なのでラブはほぼないかと(゚Д゚;)

このお話はやっぱり思い入れがあるので空白の時間を埋めたいという気持ちがずっとありました。
ただ本編で結婚してしまいまいたのでね…なんとも難しいです。
2016.10.03 00:49 | URL | #- [edit]
やこ says..."悠香様"
翼はつくしの子ですね。
そっくりだと思います。

お話…私も耳が痛いです。
繋がるように頑張らねば!
2016.10.03 00:51 | URL | #- [edit]
やこ says..."なあなあ様"
やっぱりあるんですね!ウチも理科研究ですごい賞いただきましたが、9割私と旦那で手掛けてるという。

翼は拒否反応みせてますけどうちの子だったら「ラッキー」とか言って感謝されそうです。
大丈夫かなぁこんなんで(笑)
2016.10.03 00:53 | URL | #- [edit]
やこ says..."gagagashi様"
大変お待たせしました(笑)短編のつもりで書き始めたんですが、親子の関係がどうなるかとかまで考えてないやΣ(゚Д゚)
20yearsは見たことのない司を書きたくて始めたんですね。もしかしたらどっかにあるかもしれないけど…

サラリーマンしてて節約大好き、家事や育児が大好きなオレ様なんて素敵じゃないですか?

中編にしちゃおうかしら…。
2016.10.03 00:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する