20years 恋が始まる 11 

薄暗い照明の店内で向かい合って座るふたり。
誘ってはみたもののどう切りだせばいいのかよくわからないでいる翼を不思議に思ったのか可奈が口を開いた。


「どうしたの?お昼はいつも社長お手製のお弁当だよね?」
「…ああ、たまには外食もいいかなと思って」


せっかく可奈が話かけたにも関わらずどう切り出していいのかわからない翼は無言になるしかなかった。

なんの為に呼び出したのよと心の中で思う可奈もそれ以上は突っ込めずに仕事の話など当たり障りのない話でやり過ごす。

そうこうするうちに料理も食べ終わり、昼休みもそろそろ終了かという時間になってしまう。

―俺は何をしてるんだ?―

状況が変わらないまま店を出る。


「あ、雨だ」


先ほどまで太陽が照りつけジリジリと暑い状態だったのに、店を出たとたん外は雨が降っていた。
可奈は腕時計を見ると翼に言う。


「1時間くらいなら会社に戻らなくても大丈夫だけど…どうする?たぶんこの調子だと雨が止むまでそんなに時間かからないと思うんだけど…」
「そっか、時間が大丈夫なら雨宿りでもしていこうか」


ふたりは雨をよけながら近くにあるカフェに入った。
オフィス街でランチタイムも終了しかけている。店内は人もまばらで、ひとりでコーヒーを飲むビジネスマンが数人いるだけだった。
窓際の席に座りブレンドコーヒーをオーダーすると可奈が突然言った。


「で、なんか話したいことがあったんじゃないの?」
「え…」


普段白黒ハッキリさせたいタイプの可奈である。いつもと違う翼の様子に気づいていていたが、アクションを起こそうとしないことにしびれを切らしたのかズバリ言う。


「もし金曜日のことなら気にしないで。特に深い意味があったわけじゃないから」
「いや、俺もそのことでちょっと考えたんだけど」
「?」


可奈は意外だという表情をしている。勢いだと思った翼は運ばれてきたコーヒーを一口飲むと深呼吸をして口を開く。


「俺、誰に似たのか超鈍感らしくて」
「ははは、本部長ね?」
「何も言わないのにいろいろ考えてることが父さんにモロバレだったみたいでさ」


この先の言葉を言っていいのかどうか翼はまだ迷っている。
可奈は金曜日のことを『深い意味はない』と言った。
勘違いで気まずくなるのは避けたいからと言い出すことができない。


「私、ずっと翼くんが好きだよ」
「え?」
「総二郎叔父さんと社長との関係もあるでしょ?だから何度も諦めようと思ったんだけどね」


可奈はついに禁断の扉を開けてしまった。
この年になって女性からアプローチされるとは…となんだか翼は複雑な心境だ。


「俺の気持ちは…正直言ってよくわからないところもある。ただ可奈の笑顔はずっと見ていたいと思ってるし、妹とかっていう感情ではないことは確か」
「うん」
「壁をブチ破って可奈と付き合うのは簡単だ。だけど付き合ってもし合わなかったりしたらどうしようってことばかり考えてしまうんだ」


可奈は翼の言葉を聞いて少しビックリした表情を見せるが、すぐにニコリと笑って言った。


「それは私も同じだよ翼くん。でもやっぱ別れることを恐れてたら先に進めないと思う。合うか合わないかはその時に考えればいいことだと今思ったよ」
「可奈…」


司と同じことを言うんだな、と翼は思った。
そして意を決して口を開く。


「この通り俺は鈍感で女心って奴が全然わからない。それは…今言うのもなんだけど…過去の恋愛知ってる可奈ならわかってもらえると思う」
「うん、そうだね」
「だから可奈が俺に対してしてほしいことややめてほしいことなんかに気づけないことも多いかもしれない」
「わかってる」
「それでも、俺は可奈の笑顔がずっと見ていたいし、俺に向ける笑顔を他の男に見せて欲しくないって勝手なことも考えてる」
「翼くん…」


さらに覚めてしまったコーヒーを一気に飲み干すと


「だから、俺と付き合ってほしい…」









拍手ボタンにオマケがあります
今日の運試し再び


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あなたのポチが力になります
応援お願いします!
関連記事

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/08 (Thu) 09:17 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/08 (Thu) 13:39 | REPLY |   

やこ  

ゆちゃ丸様

再開したとたんに更新落として申し訳ありません。

だいぶクライマックスまで来てますのでもう少々お待ちくださいませ…

2016/09/11 (Sun) 00:13 | REPLY |   

Leave a comment