Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
6

誰にも言わないで 後編


大学のカフェテリア。

桜子とお茶を飲みながら卒論を書いている。

何としても上位の成績で卒業しなきゃ、学費を支払ってくれた道明寺に申し訳ない。


道明寺…

ボッ


やだ!今はあの時のことは思いだしちゃダメよつくし!

そう言えばあちこちから感じる視線…

もうそんなの慣れたけどなんだかいつもと様子が違うような…。



「先輩、今日は何かあったんですか?顔が赤いですよ。具合でも?」



紅茶をすすりながら顔を寄せ小声で話す桜子。



「気にしないで、いつものことだよ」

「でもなんだか様子が変ですよ、先輩もですけどホラ…周囲も…」



桜子も気づいてたのね。



「先輩…もしかして道明寺さんと何かありました?」

「…エッ?アッ?ウンッ?…べっ別に何もないよ!」

「ウソ。何かあったはずです」



桜子が鋭すぎるのかあたしが変なのか。



「もしかして、ヤッちゃいました?」

「ヤッ…!!ちゃい…!?」

「ああ、やっぱりね。やけに先日から女っぽくなったと思ってたんですよ」

「そ…そんなのわかるの?」

「はい、バッチリ」

「うぐっ」

「で、どこからかその話が漏れてこの状況ってことですね?」



あのヤロ…あれだけ頼んだのに…

男のくせになんて口が軽いの!?

こうしちゃいられない!電話よ、電話!



『おう、珍しいな』

「おう、じゃねーよっ!このバカ男!!」

『なっ、いきなりなんだお前!』

「男のくせにペラペラ誰彼構わずしゃべりやがって!!」

『……?……!おいっ、待てっ、それは俺じゃない!』

「あんたじゃないなら誰よ!」

『俺は本当に言ってないぞ!』

「じゃ、なんで学園中の人が知ってんのよ」

『知るかよそんなの!』



すると背後にキャーっという黄色い悲鳴。



『おい、なんか騒がしいな』

「なんでもない。本当にあんたじゃないのね?」

『ああ、俺は言ってないぞ』

「とりあえずわかった。また電話する」



黄色い悲鳴の中心には…



「あっ、西門っ!!てめっ!!」


「まっ牧野!?」

「まっ牧野!?じゃねぇよ!なんでもかんでも好き放題言いふらしやがって!!」

「まてっ!俺は何も言ってないぞ!ただ…」

「ただ何!?」



怒りはマックス、胸倉を掴んで前後に揺さぶる。



「俺はただ…」

「ただ何よ?!」

「る…類が『牧野がやけに女の顔をするようになった』って言うから…」

「言うから!?」

「うぐっ、てっきり俺は…」

「俺は!?」

「てっきりもう司とお前は…ヤッちまったのかと…」

「そんなのあんた達には全然関係ないっ!」

「でも俺は他の奴等には話してないぞ!」



いい加減離してくれと言う西門さんを更に締め上げる。

コイツ…口が軽すぎだろ!!



「ああっ類っ!」

「エッ?」



類ですって?

ああ、そういやふたりともなんだか今日は特別講義をするって聞いてたかも。



「あ、牧野♪」

「類!久しぶり」



掴んでいた西門さんの胸倉を離して突き飛ばすと、類にかけよった。



「久しぶりだね。どうしたの?総二郎絞め上げて」

「あ、いいのいいの、気にしないで」

「あ、やっぱりね」

「ん?」

「牧野、女の顔になってる」



類…あんたもかい…。



「あ、さっき講義が終わった後、久々に非常階段行ってきた」

「あんたも好きだねえ、あの場所」

「うん、でももう他の人たちの居場所になってたみたいでさ」

「そうなんだ…」

「ちょっと昼寝してみたんだけど…」

「やっぱり寝るんだ(笑)」

「寝言言ってたみたい」

「ププっ」

「それがさ、どうも『牧野、ついに司に抱かれたんだね』みたいなことを言ってたみたいで」

「は?」

「ごめんね、そしたら学園中に広がっちゃった♪」




犯人はお前かwwww




fin







変なお話をご披露してしまい大変申し訳ございません。

多くの二次作家さまのつくしはお上品なんですけど、こちらのつくしちゃんは原作っぽくギャグ仕様にしてみました。

総二郎ファンの方、総ちゃん疑って大変申し訳ありません。

あきらファンの方、全然出さないで申し訳ありません。

とにかく謝ってばかりですが、また遊びに来てください。



該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.03 21:45 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.04 06:44 | | # [edit]
千冬 says..."ka*hi様"
お返事が遅くなりました!
花男ってこんな感じじゃないですか??
こういう掛け合いが一度書きたいと思っていたので、早々にチャレンジできてよかったです!
また挑戦してみますね!
2016.07.06 12:13 | URL | #- [edit]
千冬 says..."お*かん様"
こんにちは♥
えへっ類君ずいぶんハッキリ言っちゃいましたね。
こういうバカ話、大好き!
2016.07.06 12:17 | URL | #- [edit]
千冬 says..."イ*ン様(拍手)"
拍手コメントありがとうございました!
そうです!類君だって寝言は言います。
ちなみにオナラもゲップも…
ハイ、この先はお口チャック!
2016.07.06 12:20 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.10 14:51 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する