誰にも言わないで 前編 

こんばんは。

連載が終わるまで他のお話に手を付けないつもりでいたのですが

パッと浮かんだし、もったいないのでアップします。

コメディって難しいですね。

練習のつもりで書いたので、微妙かも…。

笑ってもらえれば万歳な千冬です♥


では、どうぞ。




ついに牧野と一夜を共にした。

こんな幸せな気分になるとは思わなかったし、

そ、その…なんだ…

ひとりで処理する数100倍気持ちがよかった。

まあ、あれだ。

牧野にはかなり痛い思いをさせちまったけど…な。



今日は久々にF4全員が集まる貴重な休日。

ひとりひとりに会うことはあっても全員が集まることはレアだ。


会話もくだらないことからビジネスに関することへとシフトしてきた。

俺達もずいぶん大人になったな。


ただ変わらないのは女の話。

総二郎とあきらが、今どんな女と付き合ってて、どこのホテルが良かったとかのぬかしてやがる。



「司、いい加減牧野とはヤッたよな?」



爆弾発言の総二郎。

つい先日童貞を卒業したなんて赤裸々なことはカッコ悪くて俺には言えない。

しかも…



『お願い道明寺!このことは絶対にほかの人には言わないで』



なんて上目遣いでお願いされている。



「バ、バカ野郎っ、そんなことはどうでもいいだろ!?フケツな奴等め!」

「お、赤くなったね。これは何かあったな?」

「そうそう、お兄さんに聞かせてみなさい」



うるせー、俺に兄貴はいないぞあきら。

しかもお前より俺のほうが1か月も先に生まれてる!



「そう言えば牧野。こないだ会ったときオンナの顔になってたよ?」

「「マジか類?」」

「バッ、何言ってんだよ類っ!牧野がオトコの顔のワケねーだろ!!」



と必死の言い訳をしてみる、が…。

ヤバイ。これはもうバレバレというやつかもしれねー。

でも牧野、俺の口からはひとことも言ってねーからな。



「司くん、ついに大人になったね。おめでとう!」



うるさい総二郎!お前と一緒にするな!!






後編に続く……









拍手ボタンにオマケがあります
今日の運試し再び


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あなたのポチが力になります
応援お願いします!
関連記事

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/02 (Sat) 23:13 | REPLY |   

千冬  

ka*hi様

短編、大丈夫でした?
後編はもっとブッ飛んだ内容になりそうですが、怒らないでくださいねww

2016/07/03 (Sun) 00:27 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/03 (Sun) 10:07 | REPLY |   

千冬  

L*VEつ*し様

お返事がおそくなりました。
もう続き読んじゃったと思いますが、シリアスよりもコメディが好きなんです。
難しかったけど、練習だと思ってお付き合いくださると嬉しいです!

2016/07/06 (Wed) 12:11 | REPLY |   

Leave a comment