Beautiful days

花より男子を愛する自称永遠の乙女の妄想  ※現在、ブロとも申請を休止中
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2

Take it easy! 第4話


「じゃあさ、俺と付き合ってみる?」

「…は?」



このオトコは何を言ってるの?

人のこと散々仕事で苛めぬいておいて、付き合うってなに?



「冗談キツイですってチーフ」

「冗談じゃないよ」



これって…明らかにからかわれてる。

いつもの調子でスルーが一番。



「マジそういう冗談は困ります。アタシ仕事を覚えて慣れるのに精いっぱいなのに」

「仕事と恋愛は別物だと思うけどな。別にオマエと付き合ったからって、仕事はきっちりやるし、今まで通りしごくつもりだけど」



このオトコ…本気?

ホント、困るんですけど。



「あの…チーフ。アタシそんなに器用じゃないんで。さっきも言いましたけど、新人のアタシはまず仕事を覚えるのでいっぱいいっぱいなんです。からかってるならやめてほしいし、もし…本気なら…お気持ちはありがたいけど諦めてください」

「おいおい、ずいぶんはっきりと言うな」



そう、かなりハッキリと言った。

もちろん本気なら心は痛むけど、どう考えてもからかわれているようにしか思えない。



「いや、もちろん本気だし諦める気もないんだけど」

「…」



このタイプの人には何言ってもダメかもしれない。

でもやっぱり好きでもない人とは付き合えないし、今は仕事で結果を残したい。

一応…言ってみようか。



「チーフ。あのアタシ、高校時代からずっと好きだった人がいて、ちょっと前に終わったばっかなんですよ。今は誰とも付き合いたくないし、本当に仕事で結果を残したいんです」



チーフはテーブルに肱をついてアゴの下で手を組み静かに聞いている。



「詳しくは言えないけど…もうあんな思いはたくさんだし、この先恋愛をするなら仕事と全く関係ない人と穏やかな恋をしたいんです」

「ふーん」

「今、チーフとアタシは上司と部下の関係です。その関係は崩したくないんです。だから今日の話は聞かなかったことにします。」



こちらを見ながら静かに聞いていたチーフは、組んでいた手を離すとゆっくりとつぶやいた。



「知ってるよ、道明寺司だろ?」



該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.04 15:02 | | # [edit]
千冬 says..."L*VEつ*し様"
はい、KYのグイグイをひとり産みだしてみました。
実はキャラの性格をうまくつかめていないという…
この先も頑張ります!
2016.07.06 12:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。